きょうの料理:山本麗子さんの白菜のチンジャオロースーのレシピ!自家製チキンスープも

白菜のチンジャオロースー

2020年1月7日放送の「きょうの料理」は
大根・白菜・青菜 らくらく使いきり。

2日目は「白菜」。

山本麗子さんに
みずみずしさと甘みが魅力の冬の白菜を食べ切るおかずを
教わります。

ここでは
白菜のチンジャオロースー&自家製チキンスープの
レシピの紹介!

スポンサードリンク

白菜のチンジャオロースー

繊維に沿い縦に細切りにした白菜のシャキシャキ感が楽しい一品。

油通しした白菜、ピーマン、豚肉、ピーマンを炒め合わせて、
オイスターソースなどで味つけ。

白菜のチンジャオロースーのレシピ

白菜のチンジャオロースー

『材料』(3~4人分)
白菜 1/4コ(450~500g)

ピーマン 4コ(150g)

豚もも肉 (薄切り) 150g

(A)
にんにく (みじん切り) 小さじ1

しょうが (みじん切り) 小さじ1

赤とうがらし (小口切り) 少々

(B)
チキンスープ カップ1
※または、顆粒チキンスープの 素(中華風)を
表示どおりに湯で溶いたもの。

しょうゆ 大さじ1強

紹興酒(または酒) 大さじ1

かたくり粉 大さじ1

オイスターソース 小さじ1
塩 小さじ1/2

こしょう 少々



かたくり粉 大さじ2

揚げ油

サラダ油 小さじ1

ごま油 少々

『作り方』
1.白菜は6~7cm長さに切り、軸は縦に7~8mm幅の細切りにする。
※軸は縦に細切りにするとシャキシャキ食感になる

葉は軸より太めに切ってざるに広げ、ボウルにのせておく。

ピーマンはヘタと種を除き、縦に7~8mm幅に切る。

豚肉は繊維に沿って7~8mm幅に切り、長さを3~4等分に切って、
かたくり粉大さじ2をまぶす。
※繊維に沿って切ると縮みにくい。

(B)はよく混ぜ合わせておく。

2.深めのフライパンに揚げ油を190℃に熱して豚肉をサッとくぐらせ、
①の白菜の葉の上にのせる。

火を止めてピーマンを油にくぐらせ、肉の上に重ねる。

フライパンを再び中火で熱し、
白菜の軸を半量ずつ油にくぐらせてピーマンに重ねる。

※白菜の葉は、油通しした材料をのせていくことで程よく熱が伝わる。

※油通しすることでシャキシャキ食感に。

3.フライパンをきれいにして、
サラダ油小さじ1を中火で熱し、(A)を炒める。

香りがたったら、(B)をもう一度混ぜて加え、
絶えず混ぜながら熱してとろみをつける。

②をすべて加えて手早くからめ、
ごま油少々をふって火を止めてできあがり!



自家製チキンスープの作り方

『材料』(つくりやすい分量)

水カップ4

鶏ささ身4本

塩小さじ1/3

『作り方』
1.鍋に水を入れて沸かし、鶏ささ身、塩を加えて
弱火で6~8分間ゆでる。

火を止めてそのまま冷まし、ささ身を取り出す。

※ささ身の分量は、水カップ1に対して1本が目安。
スープをとったあとは、裂いてサラダなどに利用します。

保存は冷蔵庫で3~4日間。



山本麗子さんの本



山本麗子さんのそのほかの大根レシピ

きょうの料理:山本麗子さんの白菜とさば缶の煮物&白菜のじゃこサラダのレシピ!白菜使いきり

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ