主治医が見つかる診療所:正月太りを解消ワザ!太りにくい糖質を食べる&簡単ストレッチ

ストレッチ、体操、伸び

2020年1月日放送の「主治医が見つかる診療所」の
正月太りを楽々リセット!

1週間で2kg減らす裏ワザ。

太りにくい糖質を食べる&簡単ストレッチの紹介!

スポンサードリンク

①太りにくい糖質を食べる

管理栄養士の伊達友美さんに教えていただきます。

太りにくい糖質とはひんやりご飯。

炊いたご飯を一度冷やしたものを食べると良い。

ご飯を冷やすことでできるレジスタントスターチが、
太りにくい質のよい糖質。

レジスタントスターチは胃や小腸で消化・吸収されず
大腸まで運ばれ、そこで食物繊維と同じような働きをします。
また、血糖値の急激な上昇も抑えてくれます。

急激に冷やすより、ゆっくりと4℃まで落とすことがポイント。

温め直すとレジスタントスターチが
普通のデンプンに戻ってしまうので注意。

例えば冬なら朝弁当を作り昼に食べればOK。

また、カボチャにある食材を加えれば、
冷やしてから温め直しても
レジスタントスターチの効果が持続できるといいます。

そのある食材とはオリーブオイル。

カボチャをオリーブオイルで焼いてから冷やすだけで
少々加熱しても壊れない
硬い結合のレジスタントスターチができるとのこと。

スポンサードリンク

②普段の歩きを運動にバージョンUP

谷本道哉准教授に教えていただきます。

あまり動かず食べすぎたことが原因の正月太りは、
テキパキ動くことで改善できるとのこと。

出かける前の少しの時間でできる
「壁」を使った簡単なストレッチで、
歩きを運動にバージョンアップ。

簡単ストレッチ①ネコの伸びポーズ

1.壁に手をついて顔を上げ、
背中を反らして壁に向かって体重をかける。

1日1回、出かける前に10秒程度でOK

壁ペタ伸ばしストレッチ

簡単ストレッチ②股関節ほぐし

1.壁に手を置いてバランスを取り、
大きく前後に足を振って股関節をほぐす。

※腕を逆方向に振るとより効果的に足が触れる

簡単ストレッチ

簡単ストレッチ、運動

1日1回、出かける前に両足5往復ずつでOK。



主治医が見つかる診療所:正月太りを解消ワザ!カボチャレシピ!太りにくい糖質

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ