主治医が見つかる診療所:正月太りを解消ワザ!カボチャレシピ!太りにくい糖質

かぼちゃ、カボチャ

2020年1月9日放送の「主治医が見つかる診療所」の
正月太りを楽々リセット!

1週間で2kg減らす裏ワザ。

太りにくい糖質を食べる&簡単ストレッチを紹介していましたが
こちらでは「太りにくい糖質を食べる」のカボチャのレシピなどを紹介!

スポンサードリンク

①太りにくい糖質を食べる

管理栄養士の伊達友美さんに教えていただきます。

太りにくい糖質とはひんやりご飯。

炊いたご飯を一度冷やしたものを食べると良い。

ご飯を冷やすことでできるレジスタントスターチが、
太りにくい質のよい糖質。

レジスタントスターチは胃や小腸で消化・吸収されず
大腸まで運ばれ、そこで食物繊維と同じような働きをします。
また、血糖値の急激な上昇も抑えてくれます。

急激に冷やすより、ゆっくりと4℃まで落とすことがポイント。

温め直すとレジスタントスターチが
普通のデンプンに戻ってしまうので注意。

例えば冬なら朝弁当を作り昼に食べればOK。

また、カボチャにある食材を加えれば、
冷やしてから温め直しても
レジスタントスターチの効果が持続できるといいます。

スポンサードリンク

そのある食材とはオリーブオイル。

カボチャをオリーブオイルで焼いてから冷やすだけで
少々加熱しても壊れない
硬い結合のレジスタントスターチができるとのこと。

お正月太りを解消するには?

お正月はダラダラ食べすぎることで水分過多になり、
体がむくんだ状態になっています。

むくみを抜く1つの方法はカリウムを多くとると
体の余分な水分が抜けやすくなるとのこと。

豆乳はカリウムの量が多いので
豆乳を朝食のかわりに置き換えることで
食べすぎた分をリセットできるとのことです。

先生おすすめのカボチャレシピ

①かぼちゃの肉巻きのレシピ

かぼちゃの肉巻き

『材料』
カボチャ

オリーブオイル

大葉

豚肉

しょうゆ

みりん

すりおろししょうが

『作り方』
1.カボチャを食べやすい大きさに切り、オリーブオイルで炒めて
冷やす。

2.①の冷やしたカボチャのオリーブオイル焼きを大葉と豚肉で巻く

3.フライパンにオリーブオイルをひき、②を焼く。

4.しょうゆ、みりん、しょうがを煮詰めたタレを
まわしかけてできあがり!



②かぼちゃのポタージュスープのレシピ

発酵食品の塩麹が
腸内環境を改善する効果が期待できます。

『材料』
冷やしたかぼちゃのオリーブオイル焼き

玉ねぎ

豆乳

塩麹

『作り方』
1.冷やしたかぼちゃのオリーブオイル焼きと
スライスした玉ねぎを蒸す

2.①を熱いうちにミキサーに入れ、豆乳、塩麹も入れて
ミキサーにかけ、器に盛り付ければできあがり




主治医が見つかる診療所:正月太りを解消ワザ!壁の簡単ストレッチ!谷本道哉

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ