教えてもらう前と後:スマホ老眼のチェック法や回復法!

視力回復

2020年1月14日放送の「教えてもらう前と後」

平松類先生がスマホ老眼のチェック法や
老眼鏡を使ってスマホ老眼を回復させる方法を
教えてくれました。

スポンサードリンク

スマホ老眼のチェック法

近年、若者にも増えているスマホ老眼。

実は1000円札を使ってスマホ老眼をチェックできるとのこと。

1.千円札を野口英世が見えるように両手で持つ。

2.中央の下にある「国立印刷局製造」という文字が
一番くっきりと見える位置で持つ。

3.続いて2~3メートル先にある時計などの文字を5秒見る。

4.再び「国立印刷局製造」の文字を見る。

1秒以内でピントが合えば正常です。

ピントが合うのに1秒以上かかった場合は
スマホ老眼予備軍の可能性が高い。

さらに、3秒以上かかった人は
重度のスマホ老眼の可能性があります。

博多華丸さんは14秒
上白石萌音さんは0.15秒
佐藤健さんは0.4秒でした。

20代・30代を中心に調査した結果、
31人中16人がスマホ老眼の可能性があったのでした。

スマホ老眼を回復させる方法

老眼鏡を使います。

100円ショップで購入できる老眼鏡でo.k。

スポンサードリンク

老眼だけでなく、近視にも効果的とのこと。

1.老眼鏡をかけて、ラクな体勢で座る。

コンタクトやメガネはつけたままでo.k。

2.2~3メートル先をピントを合わせずに
ぼーっと遠くを5分ほど見る。

視力が回復する理由

これは目のピント調節機能をリセットする雲霧法を利用したもので、
実際に眼科でも行われている方法の簡易版。

老眼鏡をかけることで目のレンズを調節している筋肉を
リラックスさせることで視力が回復したとのこと。

スマホ老眼改善法「ガボール・アイ」

そして加齢による老眼の人は「ガボール・アイ」を
併用することで、より回復する可能性があるとのことです。

スマホ老眼の改善方法を教えてくれた
平松類先生の著書です。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ