ガッテン:長芋ジュースのレシピ!便秘解消にレジスタントスターチ

長芋

2020年1月15日放送の「ガッテン」の
腸内パワーを引き出す新成分!あのネバネバ食材で便秘改善SP

ここではナガイモジュースのレシピを中心に紹介!

スポンサードリンク

レジスタントスターチ

腸内細菌を元気にし、便秘改善の効果も期待できるとして、
いま大注目の“成分”が「レジスタントスターチ」。

レジスタントスターチは「難消化性でんぷん」という意味で
食べてもあまり消化されずに、大腸まで届くでんぷんです。

番組では、長年便秘にお悩みの方々で実験。

1週間、レジスタントスターチを多く含むナガイモを
毎日100gずつ、ふだんの食事に加えてもらいました。

すると、12人中8人の便の回数が増加。

便の状態がよくなったという声も多くあがりました。

レジスタントスターチに期待される健康効果は、
便秘改善だけにとどまりません。

岐阜大学の早川享志教授によると、
血中のコレステロールや中性脂肪の減少、
血糖値の急上昇を抑制する効果が期待できるといいます。

レジスタントスターチは、米類や豆類、イモ類など
デンプンを含む多くの食材に含まれていますが、
レジスタントスターチは、加熱されると量が大きく減ってしまいます。

スポンサードリンク

しかしナガイモやジネンジョなどのヤマイモは、
生で食べられるという特性があるため、
レジスタントスターチを効率的に摂取することができます。

ナガイモジュースのレシピ

長芋ジュース

『材料』
長芋(皮付きがおすすめ) 100g

牛乳 100g

バナナ 100g
(甘みの強いリンゴやパイナップルなどもおすすめ)

長芋ジュース

『作り方』
1.長芋は皮ごと適当な大きさに切る。
バナナは皮をむいて適当な大きさに切る。

2.①と牛乳をミキサーに入れて
かくはんすればできあがり!


レジスタントスターチの注意点

レジスタントスターチを含む食材には
消化されやすいでんぷんも含まれているため、
取り過ぎには注意。

体重の増加などにつながる可能性があるとのこと。

レジスタントスターチは
食物繊維の不足分を補う感覚で摂取するのがよく、
ナガイモの場合1日に小鉢1杯分(およそ100g)が目安とのこと。

※人によっては、おなかが緩くなる場合があるとのことです。
食べる量や頻度を調整してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ