この差って何ですか:階段でダイエット!?エレベーターをやめたら体重に2キロの差がつく

ジョギング術

2020年1月21日放送の「この差って何ですか?」の
いつものアレをやめて見たら…の差。


「いつものエレベーターをやめてみたら、体重に2キロの差がつく」
について紹介!

スポンサードリンク

エレベーターをやめたら体重に2キロの差がつく?

いつものエレベーターをやめてみたら、
「体重」にこんなに差がつきました。

普段、ほとんどの方が、エレベーターがあったら、
階段を使わないのでは?

しかし、筑波大学 スポーツ医学専攻 教授 久野譜也先生によると、
運動しないと太っていくので、日常で階段を上ることで
消費されるカロリーはスゴいのだとのこと。

1日100段の階段を上る生活を2週間行う検証

番組では、1日100段(約6階)の階段を上る生活を
2週間行う検証をしました。

1日に100段なので、分けても良いとのこと。

50代の女性が普段の生活でエレベーターを使わずに
毎日100段の階段生活を2週間しました。

すると
66.9キロあった体重が、64.1キロに!
たった2週間で-2.8キロ

海田で体重が減った理由

1日100段の階段を上がる運動量は、
おおよそ5㎞から6㎞歩いた距離(約1時間相当の運動量)に
相当します。

この1日100段の階段生活を、1年間継続すると、
消費カロリーは、7万3千キロカロリー。

7万3千キロカロリーは
1か月分のトータルカロリー量に相当します。

つまり、1年間階段生活を続けると、
1ヶ月間食べた食事のカロリーが相殺される計算になります。

これがいつものエレベーターをやめてみたら、
体重に2キロの差がついた理由と考えられます。




この差って何ですか:食後にお腹がポッコリする人とは?その対処法も紹介

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ