主治医が見つかる診療所:認知症予防の体操!フリフリグッパー体操やかかとドシン

体操、運動、ストレッチ

2020年1月24日放送の「主治医が見つかる診療所」は
超最新!一生認知症にならないための脳育SP

ここでは認知症予防に海馬を活性化させる
フリフリグッパー体操やかかとドシンのやり方の紹介!

スポンサードリンク

脳の萎縮

私たちの脳はだれでも加齢とともに
縮んでいくことが分かっています。

脳の萎縮と呼ばれ、30代から少しずつ始まるとのこと。

萎縮の速さや程度には個人差がありますが、
アルツハイマー型認知症の人はかなりの頻度で
この脳の萎縮が発生しています。

脳の萎縮はだれでも年齢とともに
どうしても進んでしまいます。

しかし生活習慣を変えると
脳の萎縮のスピードを遅くできる可能性があるとのこと。

以前は脳細胞は死んでいくと
増えることはないと言われていましたが、
今は脳細胞を増やすこともできると言われています。

教えてくれたのは筑波大学の征矢英昭教授です。

です。

海馬

海馬は体験したことを記憶して空間を認識するなど、
人が生きていくうえで最も大切なことをつかさどる部分。

海馬の主な働きは記憶の整理係。

わたしたちが経験したこと・味・匂いなど
五感で得た情報は海馬に一時的に保存されます。

その後、大脳皮質へ保管されます。

つまり新しい記憶は海馬に、
古い記憶は大脳皮質に保管されています。

加齢などによって海馬の機能が低下すると、
新しい記憶が保存できなくなってきます。

昔のことは覚えているのに
新しい記憶はすぐに忘れる
といったことが起きてきます。

しかし、征矢先生によると、
90歳になっても海馬の細胞を増やして
記憶力をUPすることが可能だと言います。

軽い運動をしただけで海馬は活性化する

征矢先生の研究で、
軽い運動が海馬を刺激して細胞を増やすことがわかりました。

スポンサードリンク

運動していないラットと
2週間軽い運動をしたラットを比べると、
新しい神経細胞の量が増えていました。

人でも同様の研究がされていて
やや強めの運動(早歩きなど)を1年間行うと、
海馬が3%肥大し、記憶能力が高まったという
ことがあきらかになりました。

征矢先生は、さらに
1日10分間軽い運動をしただけでも
海馬が刺激され活性化することを
世界で初めて発見しました。

軽い運動を6週間続けると
海馬が1%肥大し、記憶力アップする効果が
期待できることがわかってきました。

ランニングなどの激しい運動をすると、
体力のない年配の方にはストレスになります。

脳細胞を活性化するには、
軽い運動がベストということがわかりました。

フリフリグッパー体操で 脳細胞を増やす

普段運動していない人でもできる、
征矢先生考案のカンタン体操を教えてもらいました。

フリフリグッパー体操のやり方

1.足を軽く開き、片足ずつかかとを上げて足踏み

2.左右に腰を振る

3.手は握って叩くをリズミカルに繰り返す

呼吸自然にしながら、行います。

これを好きな音楽に合わせて行うだけ!

継続することが大切だそうです。

こんな感じです↓

かかとドシンのやり方

かかと落としともいわれます。

刺激すると認知機能の
維持&改善が期待できる体の部分はかかとです。

1.背筋を伸ばして正面を見て、真っ直ぐのいい姿勢で立つ

2.かかとを上げて、そのままドシンと落とす

かかとをドシンと落とすと、その反動で骨に振動が伝わってきます。

骨に衝撃が加わると
オステオカルシンというホルモン物質が分泌され
脳の細胞を活性化させてくれます。

かかとドシンの目安は、1日30回でOK。

電車を待っているときなど
好きなタイミングで行ってください。




主治医が見つかる診療所:認知症予防に豆乳ターメリックラテのレシピ!あさりの炊き込みご飯も

主治医が見つかる診療所:マインド食15品!認知症リスクが半減する食材

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ