この差って何ですか:食後にお腹がポッコリする人とは?その対処法も紹介

肥満

2020年1月21日放送の「この差って何ですか?」の
食後に「お腹がポッコリする人」と「しない人」の差。

江田クリニック院長の江田証さんに
食後にお腹ポッコリ膨らむ原因と
その対処法について教えていただきました。

スポンサードリンク

お腹がポッコリ膨らむ原因

ごはんを食べた後、しばらくすると、
やけにお腹がポッコリと膨らんでしまう人がいます。

この症状は胃下垂が原因だからと思っている方が多いのですが、
江田クリニック院長によると、実は違うのです。

【江田クリニック院長の本】

胃下垂とは胃が下に伸びて垂れ下がってしまう状態。

確かに、胃下垂の方でポッコリの方もいますが
そこまで、前にポッコリ膨らむということはないとのこと。

腸の中でガスが大量に発生することが原因

食後にお腹ポッコリ膨らむ原因は、
腸の中でガスが大量に発生して、
お腹にそれが溜まることだと分かってきました。

小腸内で、本来は少ないはずの細菌が増えてしまい
細菌が小腸内でエサとなる食べ物のカスを食べます。

その際、発酵をおこし、ガスを発生させるのです。

また、小腸にガスが貯まりがちな人は放屁が多くなります。

だいたい正常のガスというのは15回くらいまでですが、
1日に25回以上増えると異常とのこと!

スポンサードリンク

なぜガスを発生させる細菌が小腸で増えるのか?

ガスを発生させる細菌が小腸で増えてしまう原因は、
小腸の動きが悪くなっているから。

小腸の動きが悪くなると、
小腸に行って小腸から大腸に送り出されていた細菌が
小腸の中に留まってしまう。

小腸は、筋肉の塊なので、
筋力がもともと弱い人、特に女性は男性に比べて筋力が弱い。

そうすると押し出す力が弱いので、なりやすいのです。

小腸の動きが悪くなるとなぜ細菌が留まってしまうのか?

日本人の平均的な腸の長さは、何と6m〜8m。

口から入ってきた細菌は、この小腸を通って大腸におくられるが、
長い分 筋力が必要。

そのため、筋力が弱いと、
大腸に送り出されていた細菌が小腸に留まってしまう。


小腸の動きが悪くなるもう1つの原因

小腸の動きが悪くなる原因がもう1つあります。

実は筋力があっても、
間食を食べがちな人は小腸の動きが悪くなり、
お腹がポッコリしてしまうのです。

腸は、空腹の時、つまりお腹が空いているときに
強く動いてお掃除運動しているのです。

ところが間食をすると、
お掃除運動がそのたびにストップしてしまう。

そうすると細菌が腸の壁にとりついて増えます。

なので間食は控えるということが大事

お腹をポッコリさせやすい食べ物とは?

実はお腹をポッコリさせやすい食べ物と
そうではない食べ物があります。

腸の中で繁殖している細菌のエサになりやすいのが、「糖質」。

そんなガスを発生させやすい「糖質」を含む食材が、
パンやパスタの他、お腹にいいとされるヨーグルトなど。

ヨーグルトなどの発酵食品は、
お腹の調子を整えると考えている方が多いのですが、
それは、お腹に不調がない人。

しかし、過敏性腸症候群、下痢、お腹のハリやガスで悩んでいる人にとっては、
逆に小腸の中の細菌を増やしてしまい、かえって逆効果になること。

また、一番ガスを発生させない食べ物は「お米」。

ただし、人によってガスを発生させやすい食材は異なるので、
何を食べたときにお腹がポッコリしたかをチェックし、
それを控えるようにすると良いとのことです。




この差って何ですか:階段でダイエット!?エレベーターをやめたら体重に2キロの差がつく

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ