ハナタカ:ふわふわオムライスのレシピ!たいめいけん茂出木シェフが伝授

"たいめいけんのたんぽぽオムライス"のレシピ

2020年1月30日放送の「日本人の3割しか知らないこと
くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

「たいめいけん」三代目の茂出木浩司シェフが
ふわふわオムライスの作り方を教えてくれましたので
紹介します。

スポンサードリンク

ふわとろオムライス

教えてくれるのは、昭和6年創業の「たいめいけん」
三代目の茂出木浩司シェフ。



卵に炭酸水を入れるとフワフワに

「たいめいけん」三代目の茂出木浩司シェフによると
卵をトロトロに仕上げるなら乳製品がいいそうですが、
たいめいけんでは炭酸水をいれているとのこと。

※好成軒では卵に牛乳を入れているそうで、
食工房あらじんでは卵に生クリームを入れている
といっていました。

卵に炭酸水を混ぜてオムレツを焼くと
炭酸の気泡のおかげで卵がフワフワになるとのこと。

割合は1人分Mサイズの卵3個に対して
炭酸水大さじ1の割合。

混ぜるときはホイッパー

菜箸を使って混ぜる人が多いと思いますが、
たいめいけんではホイッパーを使っているとのこと。

ホイッパーは空気を入れながらホイップするので、
一段とフワッとなるとのことです。

卵を焼くときは小さいフライパンがいい

卵を焼くときの失敗はフライパンが
原因だったりすることもあるとのこと。

大きいフライパンだと卵が薄く伸びて、
薄焼き卵のようにすぐに固まってしまい
コゲる原因になってしまうとのこと。

小さいフライパンだと卵が伸びないので
半熟の美味しい卵が作れるといいます。


鶏肉にドレッシングで柔らかく

鶏肉にちょっとした手間を加えると
とても柔らかくて美味しくなるとのこと。

それはドレッシングを使うこと。

ドレッシングにはいろんな成分が入っていて
お酢や油の成分が柔らかくします。
タマネギとかも酵素の役割で柔らかくなります。

鶏肉にドレッシングを入れて揉み込み、
20分程度つけておきます。

ドレッシングは
ケチャップと相性のいい和風ドレッシングがオススメ。

ケチャップはご飯の前に入れる

たいめいけんでは具材→ケチャップ→ご飯の順で入れているとのこと

ご飯の前に入れるとケチャップが液状化になるので、
ご飯とよく混ざりやすくなります。

逆にご飯の後に入れるとケチャップが浸透しにくく、
加熱時間が増えてベチャっとしやすいとのこと。

オムレツの卵の簡単な作り方

茂出木シェフが簡単にできる
卵の作り方を教えてくれました。

1.卵をオムレツ状につくり、チキンライスに乗せる。

2.卵の中央にナイフで切り込みを入れて開く。

すると見た目のよいオムライスができます。


仕上げのソースは隠し味にビターチョコ

たいめいけんはケチャップソースなのだそうですが
市販のデミグラスソースを使う場合は
ビターチョコを入れると抜群に美味しくなる
とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ