この差って何ですか:太りやすいチョコレートランキング!

チョコレート

2020年2月4日放送の「この差って何ですか?」
「太りやすいチョコと太りにくいチョコの差」。

5種類のチョコレートの中から
太りやすいチョコレートのランキングを紹介!

また、血糖値の上昇も防いでくれる
ビターチョコレレートの食べ方も紹介します。

太りやすいチョコレートランキング

東京慈恵会医科大学付属病院
管理栄養士の赤石定典先生に
教えていただきました。

・ミルクチョコレート
・ホワイトチョコレート
・ダークチョコレート
・抹茶チョコレート
・アーモンドチョコレート

カロリーはほぼ同じなのですが
食物繊維の量で太りやすさが
変わってきます。

食物繊維が少ないもののほうが
「太りやすい」ということになります。


5位:ビターチョコレート

5種類の中で一番太りにくい

カカオが40%以上含まれているものを
ビターチョコレートといいます。

カカオには食物繊維が多く含まれており、
そのカカオからカカオ豆を取り出したものを
ペースト状にして「チョコレート」は作られます。

ビターチョコレートに含まれる食物繊維が
腸に壁に膜を作り、糖の吸収をブロックしてくれるので
太りにくくなります。

最近よく売られているビターチョコレートには、
カカオが70%も使用されているものもあり
100g当たり約12gも食物繊維が含まれています。


1位:ホワイトチョコレート

5種類の中で一番太りやすい

スポンサードリンク

ホワイトチョコレートは、作るときに食物繊維が
ほとんど取り除かれてしまっています。

ビターチョコレレートとおなじで
カカオマスを固形にしたものを使いますが、
特殊な機械で「カカオマス」を圧縮し、
ホワイトチョコの主原料となるココアバターを絞ります。

この時にカカオマスの食物繊維が取り除かれてしまいます。

このココアバターに砂糖とミルクをたくさん加えて、
ホワイトチョコレートが作られます。

ホワイトチョコの食物繊維は100g当たり約0.6gです。



4位:抹茶チョコレート

「抹茶チョコレート」は、「ホワイトチョコレート」に
抹茶パウダーを入れているので、やはり太りやすい。

抹茶チョコレートの食物繊維の量は100g当たり約1.6gです。


3位:ミルクチョコレート

ミルクチョコレートとアーモンドチョコレートでは
アーモンドの中にも食物繊維が含まれているので
その分「アーモンドチョコレート」の方が太りにくい。



2位:アーモンドチョコレート

アーモンドチョコの食物繊維は100g当たり約6.7gです。


チョコファーストがおすすめ

赤石定典先生によると
最も太りにくい「ビターチョコレート」は、
食べ方によって、普段の食事による
血糖値の上昇も防いでくれるとのこと。

先生オススメの食べ方は、チョコファースト。

食前の20分前に、板チョコタイプのものを2カケ、
粒タイプは3粒を食べるとよい。

食物繊維をとると、
血糖値の上昇抑えることができる。

また、カカオポリフェノールが摂れます。

カカオポリフェノールは、
満腹中枢を刺激する「レプチン」がでるので
食べすぎも抑えることができ、
太りにくくなるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ