ヒルナンデス:引き算クッキングのレシピ3品まとめ!カルボナーラ、しょうが焼き、とんかつ

カルボナーラ

2020年2月7日放送の「ヒルナンデス」の
料理の常識が変わる!引き算クッキング!

新シーズンレギュラー黒羽麻璃央さんが
調理工程を引き算しても美味しくできる
簡単料理に挑戦!

科学と料理の知識を生かす「ロジカル料理」を
考案の料理研究家、前田量子さんに教えていただきます。


ここでは3品のレシピのまとめ

スポンサードリンク

前田量子さん

東京理科大学を卒業後、専門学校で栄養学を学び
科学と料理の知識を生かす「ロジカル料理」を考案。

論理的な調理法を前田量子さんに教えていただきます。



15分で作れる濃厚カルボナーラのレシピ

鍋は必要なし!フライパン1つで完成

『材料』(3人分)
にんにく 1かけ

角切りベーコン 150g

オリーブオイル 大さじ1

乾燥パスタ  300g

水 1200㏄

生クリーム 150㏄

粉チーズ 大さじ3

塩 少々

卵黄 3個

黒コショウ 少々

『作り方』
1.にんにくは薄切り、ベーコンは食べやすい大きさに切る。

2.冷たいフライパンにベーコン、
にんにく、オリーブオイルを入れ火にかけ、
少し焦げ付くまで炒める。

※ にんにく、ベーコンは油が熱をもつ前に入れ
香り成分を移す。

3.パスタを半分に折って、水と一緒に入れて
指定の分数茹でたら火を止める。
(番組では7分)

スポンサードリンク

※パスタを水からゆでると
でんぷんが柔らかくなりモチモチ食感に仕上がる。

4.火を止めた状態で生クリーム、粉チーズを加えよく混ぜる。

5.全体に行き渡ったら火をつけて少し温める

6.お皿に盛り付けて、卵黄をのせ黒胡椒をかけたらできあがり。



豚のしょうが焼きのレシピ

たれ漬け不要!焼き方だけで食感アップ。

『材料』
豚肩ロース薄切り肉 375g

(タレ)
酒 大さじ1.5

みりん 大さじ1.5

生姜汁 2かけ分

醤油 大さじ1.5

『作り方』
1.フライパンに油をひいて熱し、
肉を1枚広げて焼いて裏返す。

次のお肉を焼く。
焼けた肉は取り出さず、後から焼く肉の上に重ねていく

※低温の蒸し焼き状態になり温かくふっくらできあがる

2.肉が焼けたら火を止め、調味料を
酒、みりん、生姜汁、醤油
の順番でフライパンに直接入れる。

※酒から入れることで温度が下がり、焦げない。

3.再び火にかけて1分ほど煮詰めてできあがり!


15分でできる!サクサクとんかつのレシピ

『材料』
豚ロース肉とんかつ用   3枚

塩   少々

こしょう  少々

パン粉 100g

揚げ油 適量

(バッター液)
卵  1個

小麦粉  大さじ4

水 大さじ2

『作り方』
1.豚肉はパックのまま塩、こしょうして
キッチンバサミで3cm間隔で筋切りする

2.バッター液をつくる
ポリ袋の中に卵と水を入れて手でよく混ぜる。

さらに小麦粉を入れてダマにならないように揉む。

※ポリ袋でバッター液を作れば洗い物が出ない

3.②のポリ袋に①の豚肉を入れて揉みこむ。

4.豚肉のはいっていたパックにパン粉を入れて、
揚げる直前に③の豚肉にパン粉をつける

とんかつ

5.170℃の油で豚肉を
表を2分、裏を1分15秒揚げる。

※前田先生が厚み1.5cmのお肉を
どのくらいの時間揚げればおいしくなるかを
10秒ごとに変えて導き出した時間。

6.揚げたとんかつを食べやすい大きさに切って
器にもってできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ