ガッテン:小脳トレーニングの方法!転倒 寝たきり予防に

ストレッチ、体操、伸び

2020年2月12日放送の「ガッテン」の
寝たきり予防の最新メソッド “小脳力”トレーニングSP

転倒予防やめまい改善に期待できる
小脳トレーニングのやり方の紹介!

スポンサードリンク

小脳力

寝たきりになる大きな原因の一つ「転倒」。

転倒してしまう原因としては
足腰の「筋力の低下」がありますが
今回注目したのは「小脳」の力です。

人間の体を飛行機に例えるとすると
小脳は機体を操縦するパイロットの役割を
果たしています。

小脳の力が衰えると
転倒のリスクも高まります。

20秒でわかる「小脳力チェック法」

1.一方の足のつま先ともう一方の足のかかとをくっつけて、
両足が一直線になるようにして立つ。

右足が前でも左足が前でもどちらでもo.k。

スポンサードリンク

2.腕を組んで目を閉じる。

この状態で20秒間しっかり立っていられたら
大丈夫です。


小脳トレーニングのやり方

転倒予防やめまい改善に期待ができます。

小脳トレーニング①

1.両手を前に伸ばして、親指を立てる。

両手の位置は肩幅くらいが目安。

2.顔を動かさずに目だけをなるべく早く動かして、
左右の親指を交互に見つめる。

この動作を10往復行います。

小脳トレーニング②

1.片手を前に伸ばし、
もう片方の手であごが動かないよう固定する。

2.前に伸ばした方の手の親指を立てて、
左右に大きくゆっくりと動かし、
その親指を目で追うようにする。

10往復行います。


この2種類のトレーニングを1セットとして、
1回に3セット行ってください。

朝・昼・晩と時間をあけて、
1日3回行うと効果的とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ