シューイチ:利休卵&揚げながしのレシピ!江戸グルメ(豆腐&卵)

ゆば、豆乳、大豆、豆腐

2020年2月16日放送の「シューイチ」のまじっすかは
KAT-TUN 中丸雄一 時空調理人。

江戸時代に出版され、
当時大ベストセラーとなった料理レシピ本を解読し
江戸料理の復元に挑戦します。

今回は食事復元研究の第一人者
永山久夫さんに教えていただきます。

ここでは利休卵&揚げながしのレシピの紹介!

スポンサードリンク

今レシピ本「豆腐百珍」

1782年出版。

当時豆腐はタンパク質などの栄養価が高く、
重宝されていました。

その豆腐を使ったレシピが
100種類掲載されているレシピ本。

レシピは「尋常品:家庭でよく食べられていたもの」や、
「奇品:変わった料理」など、
合わせて6つの項目に分類されていました。

江戸時代の本ではないですが↓



スポンサードリンク

揚げながしのレシピ

ふわふわ豆腐

「豆腐百珍」の中の「絶品」の中から
先生いわく最高峰だというレシピ。

『材料』
豆腐

ごま油

くず湯

(わさび味噌)
わさび

味噌

クルミ

『作り方』
1.豆腐を好みの大きさに切る。(角切り)

2.鍋にごま油を入れ、①を揚げる

3.揚げた豆腐を水に通して、
余分な油分を流す 
※余計な油分を流すことで、女性の身体に優しい
ヘルシー料理に

4.②の豆腐をとろみのあるに立てたくず湯が入っただし汁にくぐらせる

5.わさびと味噌、クルミを和えたわさび味噌をつくる

揚げながしをわさび味噌につけていただきます。


利休卵のレシピ

江戸時代のベストセラー本「卵百珍」より
江戸中の女性が狂喜乱舞したと言われるスイーツ。

当時は千利休の好んだゴマを使った料理に
「利休」をつけることが多く「利休卵」もその1つ。

『材料』
白ごま 適量

酒 少々

卵 5個ほど

砂糖 お好みで

『作り方』
1.白ごまを炒り、すり鉢でよくする。
(山椒の木ですると香りがついて風味が増す。)

2.①に酒、卵を入れて、お好みで砂糖を加え
よく混ぜ合わせる。

3.型に流し入れて10分蒸す。

4.スプーンですくって器に盛ってできあがり!

中丸さん曰く
硬めのチーズケーキのような感じとのことです。


シューイチ:時空調理人のふわふわ豆腐のレシピ!江戸グルメ「豆腐百珍」

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ