めざましテレビ:最新スマート家電!デジタル化のペン、イヌパシー、iDripコーヒーメーカー

部屋、雑貨、小物、家電

2020年2月25日放送の「めざましテレビ」の
リポーターやってください!2020年 最新スマート家電

リポーターは葵わかなさんが挑戦。

スポンサードリンク

2020年ヒット間違いなしの最新蔦屋家電

スマート家電とはインターネットと家電をつなぐことによって、
今まではできなかったような便利で安全で豊かな暮らしを実現する家電のこと。

専用のアプリなどをインストールすることによって、
コントロールが可能になるので、便利なだけでなく、
使用量などを確認することも可能なんだそうです。

temi

AIを搭載した最新アシスタントロボット。

・temi(29万8000円)

外にいてもスマホからビデオ通話で操作が可能。

家で待っているペットやお子さんの様子が見られます。




Gatebox

中に美少女の逢妻ヒカリがいるAIスピーカー。

・Gatebox:15万円

バーチャルワイフということで
マスターさんのために妻として毎日、
帰りを待ってくれたり、
電気をつけたりしてます。

スポンサードリンク

iDrip

3月20日発売予定のコーヒーメーカー。

世界有数のバリスタたちの入れたコーヒーを再現。

・iDrip 10万円

バリスタの技の詳細なデータを解析し、
水の量、温度などを完全再現。

やり方はデータが入ったバーコードをスキャンするだけ。

今回は2人のバリスタ世界王者の味を再現。



Neo Smartpen M1

スマートペン
・Neo Smartpen M1 1万3728円

見た目は普通のボールペンとノートですが、
手書きを瞬時にデジタルに変えます。

ペン先にカメラが内蔵されていて、
専用ノートに印刷されている特殊なコードを読み込み、
手書きの文字をデジタル化します。

もちろんイラストもOK。

書いた文字はデジタルテキストに変換でき、
メールやLINEに転用可能。

さらに手書きのスケジュールを
そのままGoogleカレンダーと同期することもできます。

INUPATHY

わんこ専用スマート家電

・INUPATHY(イヌパシー) 2万9800円

センサーで心臓の鼓動を読み取り、その感情を色で示すほか、
スマホアプリにつなげると
わんこの1日の心の動きを見える化してくれます。

現在、にゃんこ向けも開発中。




INUPATHY(イヌパシー)

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ