主治医が見つかる診療所:ひざ裏の血管ほぐしのやり方!新浪先生の血管若返りの習慣

ストレッチ

2020年2月27日放送の「主治医が見つかる診療所」は
免疫力UP&血圧改善!血管若返り4大新常識SP

血管を知り尽くした名医新浪博士の
血管若返りの習慣の裏ワザや
ひざ裏の血管ほぐしのやり方の紹介!

スポンサードリンク

新浪博士先生の血管を若返らせるための習慣

東京女子医科大学の新浪博士先生は、
血管は若返らせることができるといいます。

新浪先生の血管年齢を測定すると、
実年齢58歳ですが血管年齢は44歳でした。

新浪先生が血管を若返らせるために
行っているという習慣を紹介します。

①朝食にパイナップルを食べる

果物は炭水化物に比べて血糖値の上昇がゆるやか。
パイナップルは果物の中でも食物繊維が多く、
生活習慣病の予防にも効果的。

パイナップルを食べる量は
1日10カット程度(100g)が適量。

②血管ほぐしを行う

血管は外から刺激を受けると、
内壁から一酸化窒素(NO)が発生。

このNOが血管の緊張を和らげ、
血管が自然と広がります。

血管ほぐしのやり方は下記にあります

③1日1回ブルーチーズを食べる

ブルーチーズに含まれる
ラクトトリペプチドが傷ついた血管の修復やNOの発生を
手助けします。

ブルーチーズが苦手な人は
チェダーチーズでも同様の効果があるとのこと。

ラクトトリペプチドは加熱すると壊れてしまうため、
加熱をしないで食べるが大切

1日約30gほど食べるとよい。

スポンサードリンク

ひざ裏の血管ほぐしのやり方

ヒザの裏は、膝窩動脈という太い血管が走っているので、
この部分をほぐすのが効果的。

1.床やベッドに座る

2.ヒザを曲げて両手でつかむ

3.ヒザの裏を上に向かって30秒刺激

4.反対側のヒザ裏も同様に行う

5.イスに浅く座る

6.ヒザを伸ばして前かがみに

7.つま先に指先を近づけ30秒キープ

8・反対側のヒザ裏も同様に伸ばす



そけい部ほぐしのやり方

 

そしがや大蔵クリニック院長の中山久徳先生が教えてくれた
そけい部ほぐしのやり方です。

1.足の付け根にある大腿動脈を見つける

2.動脈を4本の指で上から5秒ほど軽く押さえる

3.手を放す

※1日5回程度行うと良い

※高齢の方や持病のある方は
医師と相談のうえ行なってください



主治医が見つかる診療所:血管若返り

主治医が見つかる診療所:4・4・8呼吸法&リンパ呼吸法!根津先生の毛細血管ふやす

主治医が見つかる診療所:アスパラガスの混ぜご飯のレシピ!血管若返り

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ