あさイチ:超ラジオ体操のやり方!谷本道哉先生:運動不足解消に

体操、運動、ストレッチ

2020年3月6日放送の「あさイチ」
運動不足解消!“超ラジオ体操”

近畿大学准教授の谷本道哉先生の
高齢者の方でも自宅ですぐに取り組める
「超ラジオ体操」の紹介!

スポンサードリンク

谷本道哉先生

>>毎日4分で超快適! 超ラジオ体操 [ 谷本 道哉 ]

超ラジオ体操はラジオ体操をゆっくり大きく丁寧に
しっかり行うようにアレンジしたもの。




腕を上下に伸ばす運動

1.肩幅程度に足を開く。

スポンサードリンク

両手を肩に置き
肩とひじを引いて胸を大きく反らせる。

2.手を組んで、上に大きく伸ばす。
上を向くことでさらに反れる。

3.戻る時も大きくひじを引き、
胸をそらせながら肩を手に戻す。

4.足を閉じながらゆっくり腕を下ろす。

テンポをゆっくり倍のカウントで行なっていきます。



体を前後に曲げる運動

1.足を肩幅に開いてまっすぐに立ち、首を前に曲げる。

2.背中を丸める。手を前に出し、腕を下に向かって下ろしていく。

3.さらに股関節から全身を大きく前に曲げる。

4.ゆっくり元の姿勢に戻す。

5.首を後ろに曲げる。

6.両手を腰に当て、背中を後ろに反らせる。

7.さらに股関節から全身を大きく後ろに反らせる。
無理のないところまででOK。

8.ゆっくり元の姿勢に戻す。

9.首を反らせて上を向く。

10.腰に両手をうしろぎみに当て、背中を大きく反らせる。

11.元に戻る。


体を横に曲げる運動

1.足を肩幅より少し広めに開いて
まっすぐに立ち、首を左側に曲げる。

2.左手を腰に当て、右腕を上げて上体を左側に曲げる。

3.さらに股関節から全身を大きく左側に曲げる。
少しお尻を突き出すようにする。 無理のないところまででOK。

4.ゆっくり元の姿勢に戻す。

5.首を右に曲げる。

6.右手を腰に当て、左腕を上げて上体を右側に曲げる。

7.さらに股関節から全身を大きく右側に曲げる。

8.ゆっくり元の姿勢に戻す。



体を回す運動

1.手を組み、肩をなるべく前に出し背中を丸める。

2.しっかり前屈して、
腕がなるべく外を回るように全身を大きく回す。

3.同様に反対回りも行う

最後は深呼吸

1.気持ちよくぴょんぴょんはねる

2.息を吸いながら腕を上げ
息を吐きながら手をおろす

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ