教えてもらう前と後 アプリ:東大生おすすめ「google レンズ」やスマホ芸人かじがや卓哉も

SNS,ツイッター、スマホ

2020年3月10日放送の「教えてもらう前と後」の
スマホをのぞく前と後。

お笑い芸人・EXITがスマホ大調査。
東大生や有名人おすすめアプリを紹介。

スポンサードリンク

東大生が使っているアプリ

EXITが赤門の前で東大生のスマホアプリの調査。

スマホアプリ「Muscle Premium」

「Muscle Premium(マッスルプレミアム)」

東大医学部の男性は解剖アプリを使っていました。

勉強のためにつかっていて
あらゆる骨や筋肉などの情報が詰まった3D解剖アプリ。

人体版広辞苑のようなもの。

google レンズ

「google レンズ」

撮影した画像に近いものを自動で検索してくれるアプリ。

例えば、人を撮影すると、きている洋服が一瞬で検索され
商品名や値段を教えてくれます。

これを使えば商品名がわからなくても、
商品名や値段がわかります。

さらにこれだけでなく、
街で見かけた英単語もカメラを向けると
日本語に一瞬で訳してくれます。

他にも英語や韓国語など80か国以上に対応しています。

スマホアプリ「 CamScaner 」

「CamScaner」

スマホで撮影したものの向きや形を自動補正してくれます。

スポンサードリンク

シワしわになった絵もボタン1つで補正できます。


有名人が使っているアプリ

医者 友利新先生おすすめのスマホアプリ「ポケット糖質量」

友利新先生おすすめの健康管理アプリ。

「ポケット糖質量」

料理や食材を検索すると、
角砂糖何個分か表示してくれるアプリ。



フワちゃんおすすめのスマホアプリ「タピナビ」

「タピナビ」

位置情報で、近所のタピオカ店を検索してくれます。

さらに行きたいお店のアイコンをタップすると
そのお店の情報が出ます。

スマホ芸人のかじがや卓哉のおすすめの「音声入力」

「音声入力」

文字入力の遅い人におすすめ。

一番早い文字入力の方法は音声入力。

マイクのボタンを押して話します。

早く話しても、ちゃんと文字で入力してくれます。



かじがや卓哉のおすすめのスマホアプリ「Yahoo!MAP」

「Yahoo!MAP」

「Yahoo!MAP」はだれでも無料で入れられる地図アプリ。

アプリを開いて右上の■が2つ重なったようなマークをタップすると
下から別のメニューが出てきます。

さらに防犯マップをタップすると
痴漢・窃盗、不審者などが表示されます。

日本不審者情報センターがリアルタイムで配信しています。

このアプリで子供の通学路や塾の帰り道などの
安全対策に使えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ