世界一受けたい授業:冷めても美味しいお弁当の作り方!ご飯、つくねのポイント

鶏のから揚げ

【イメージ画像】

2020年3月28日放送の「世界一受けたい授業」の
明日から変われる8つのこと。

冷めても美味しいお弁当の作り方を
日本獣医生命科学大学客員教授の
佐藤秀美さんが教えてくれました。

スポンサードリンク

冷めても美味しいご飯の炊き方

冷めても美味しいご飯の作り方は
はちみつと氷でご飯を炊くことです。

『材料』
米 3合 

氷 約9個(120g)

はちみつ 小さじ1と1/2

『作り方』
1.米3合に氷約9個(120g)を入れ、目盛まで水を入れる

2.はちみつ(小さじ1と1/2)を水で溶いて加え炊飯する

はちみつと氷を入れる理由

の解説】

佐藤秀美先生によると
デンプンの構造は60℃付近で変わります。

スポンサードリンク

氷を入れてご飯を炊くと
60℃付近までの時間が長くなるので、
お米がより多くの水分を吸収します。

するとお米のデンプンが柔らかくなるため、
ふっくらと炊きあがり冷めても美味しいご飯になります。

さらに、はちみつはお米の甘みを際立たせるので
おいしくなります。

冷めても硬くならないつくねの作り方

お弁当に入っている鶏のつくね。
時間がたって冷めてしまうと硬くなり、
おいしくなくなることありますよね。

冷めても硬くならないつくねの作り方は
はんぺんを入れること。


はんぺんを入れると硬くならない理由

はんぺんの原料には魚のすり身、
山芋などが使われています。

そのため、つくねにはんぺんを入れることで
ふわふわの食感になり、
冷めても硬くならないので
お弁当のおかずに最適とのこと。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ