ごごナマ:京風クラムチャウダーのレシピ!

クラムチャウダーのレシピ

2020年4月3日放送の「ごごナマ おいしい金曜日」
「春の貝を食べつくそう!」

ここでは京都のレストランのオーナーシェフ冨永暖さんの
京風クラムチャウダーのレシピの紹介!

スポンサードリンク

京風クラムチャウダーのレシピ

『材料』(2人分)
たまねぎ 1/2コ 

にんじん 1/5本 

セロリ 1/5本 

じゃがいも 1/3コ 

マッシュルーム 4コ 

ベーコン 40g 

バター 15g 

アサリ 20コ 

和風だし 180ml 

白ワイン 90ml 

白みそ 40g 

豆乳 50ml 

水溶きかたくり粉 少々 

ミニトマト(オリーブオイルに漬ける) 1コ 

そら豆 2粒 

木の芽 4枚

『作り方』
(アサリの下処理方法)
1.ボウルで殻をこすり合わせるようにして水で洗う。

2.砂抜きは、ボウルに500mlの水と
塩大さじ1杯入れて溶かし混ぜる。
(※海水と同じぐらいの3%濃度の塩水をつくる)

スポンサードリンク

3.ボウルにザルを重ねてアサリを入れる。
(※砂がザルの下に落ちます。
あさりが吐いた砂をもう一回吸わないためにザルを重ねるとよい)

4.アルミホイルや新聞紙をかぶせて暗くする。
お店で買ってきた貝なら常温で1時間おく。

5.砂抜きしたアサリは水を捨てて、ざるに上げ、30分おく。

(クラムチャウダーの作り方)
1.たまねぎ、にんじん、セロリ、じゃがいも、
マッシュルーム、ベーコンを
食べやすい大きさに切りフライパンでバターで炒める。

2.①にアサリを加える 
※調理する前に、
貝をガサガサと刺激すると身離れがよくなります。

3.程よく火が通ったら、白ワインと和風だしを加える。
※チキンブイヨンなどでも可

4.白みそを豆乳で溶いたものを加え、
水溶きかたくり粉で少しだけとろみをつける。

5.器に盛り、刻んだトマト、そら豆、木の芽を
乗せればできあがり!




ごごナマ:ホタテ貝のステーキサラダのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ