ゲンキの時間:デブ脳をヤセ脳に変える方法!ダイエット成功の桃田ぶーこさん

ウエスト、お尻、ダイエット

2020年4月5日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」
太るのは意識の問題!?

半年で20キロの減量に成功した40代主婦、
桃田ぶーこさんの
デブ脳をヤセ脳に変える方法の紹介!

スポンサードリンク

デブ脳をヤセ脳に変える方法

現在、日本人の肥満者は4人に1人。

肥満はメタボリックシンドローム、脂質異常、高血圧などの
生活習慣病のリスクが高まります。

しかし、ダイエットしようと思っても、
甘い誘惑に負けてつい食べ過ぎてしまうことも。

そんな中、わずか半年で20キロの減量に成功した40代主婦、
桃田ぶーこさん。

しかも、400近くあった中性脂肪も正常に戻ったのです。

そのカギとなったのが脳。

その方法は「デブ脳」の改善。

公立諏訪東京理科大学医療介護健康工学
篠原菊紀教授によると、「デブ脳」から「ヤセ脳」に変えることが
ダイエットの鍵!といいます。

ダイエット成功の桃田ぶーこさんが教える
「デブあるある」の対策法とは?

桃田ぶーこさん

「デブあるあるをやめたら20kgやせました」の著書
桃田ぶーこさん

まずは自分がデブ脳かどうかを「デブあるある」でチェック。

デブ脳チェック

・太っている人を見ると安心する。

・背中がかけないのをあきらめている。

・床に落ちたものを足で取る。

・自分の写真を撮らない。

・お菓子を開けたら1回で1袋食べきる。

1つでもあてはまるとデブ脳の可能性があります。


デブ脳をヤセ脳に変える方法

食事中にお箸をおく

食事の間に1回でもお箸を置くと、
食欲が落ち着きます。

スポンサードリンク

お箸を置くことで食事が一旦停止し、
噛む回数が増えるので
食欲もおさまりやすくなり、
結果食べる量が少なくなります。


お菓子の匂いを嗅ぐ

どうしてもお菓子が食べたくなった時は、
お菓子の匂いを嗅ぐことで、
食べたい欲求を抑えることが期待できます。

さらに、思いきり匂いをかぐと深呼吸につながり、
脳から満足を促すセロトニンが分泌され、
食欲を抑えてくれます。


痩せた人と外食する

ミラーニューロンという脳細胞の働きを利用。

ミラニューロンとは、目の前の人の動作や考えを
自分に写し取る脳細胞のこと。

つまり、痩せた人と食事をすることで、
自然と食べるスピードや量が同じになり、
結果として食欲が抑えられるのです。


ペンでその時の行動を書きなぐる

桃田さんが、食欲が最高潮に達して
食べ物を探している時に取った行動です。

戸棚、引き出し、冷蔵庫を開けていた時の行動を
すべてメモに書くのです。

あさの金町クリニック院長で
医学博士の浅野次義先生によると、
食欲が強くなった時に脳は五感を総動員して
食べる行動に突進します。

この時に、書くなど別の行動をすると、
食べたい意識が別の方向に向かいます。

それを繰り返せば、食べる行動に結びつきにくくなり、
食欲が抑えられるとのこと。



桃田さんおすすめ買い物でのやせ脳テクニック3カ条

お守りのアタリメ

アタリメをお守りに持っていれば、
衝動買いの予防につながります。

空腹のまま買い物に行った場合
アタリメをお守りに持っていれば
お腹がすいたらこれを食べようと思えば
心に余裕ができて、
食欲が抑えられ衝動買いも少なくなります。

また、アタリメを少し食べてから買い物に行ってもo.k。
噛む刺激でも脳は満足を感じます。



糖質をチェックする

桃田さんは菓子パン大好きだったそうです。

そんな人にうってつけのテクニック。

それは選ぶときに
栄養成分表示の「糖質」の数値を他と見比べること。

たとえばメロンパンの糖質は100g当たり58.2gも。
色々なパンの成分表を見比べることで、
より糖質が低いものを選ぶようになります。



調味料を小分けのものに変える

ケチャップやソースやマヨネーズなどの調味料を
小分けのモノに変えます。

通常のサイズだと罪悪感がなくたっぷりかけてしまうため。

小分けにしたものだと摂取が控えられるとのことです。



こちらも参考にしてみてください↓
あさイチ:桃田ぶーこさんの太りにくい糖質のとり方の食事術!本、ブログ、ツイッターも

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ