サタデープラス:栄養士のおにぎりのレシピ3選!体脂肪ダウン、免疫力をつける

おにぎり

2020年4月4日放送の「サタデープラス」

管理栄養士 細野恵美さんの
親子で作る“パワーアップおにぎり”のレシピの紹介!

スポンサードリンク

管理栄養士 細野恵美さん

管理栄養士の細野恵美さんは浅田真央さんや高梨沙羅さん、
錦織圭さんの食事をサポートしたことがあるとのこと。

また、リオデジャネイロオリンピックでの
日本代表の水泳選手を支えたのが、パワーボール。

これは味の素の「ほんだし」を混ぜた一口大のおにぎりのこと。

おにぎりはエネルギー源となる糖質が豊富で、
手軽に食べられることから、
おにぎりは日本人アスリートには欠かせない
パワーフードだったのです。

スポンサードリンク



免疫力をつけるおにぎり

『鰻と菜の花とキノコのおにぎり』

『材料』
ごはん 100g

うなぎの蒲焼き 25g

菜の花 15g

しめじ 5g

蒲焼きのタレ 小さじ1

『作り方』
1.菜の花を600wで1分半レンジで温める

2.しめじを適当なサイズにちぎって、
フライパンで2分ほど油をひかずに空炒りする。
 (香りを出すため)

3.菜の花を三等分くらいに切る。
(太い部分は細かく切る)

4.空煎りしたしめじが入ったフライパンに油をひいて、
3等分した菜の花を入れて全体的に油が回る程度
炒める(1分くらい)。

5.鰻のかば焼きを細かく切る。

6.白ご飯と細かく切った鰻のかば焼き、
炒めた野菜、かば焼きのタレ(ボウル2周くらい)を
ボウルに入れてふんわりと混ぜていく。

7.全体的に混ざれば三角おにぎりに握ってできあがり!


集中力アップおにぎり

『鮭と大葉の発芽玄米のおにぎり』

『材料』
発芽玄米 100g

焼き鮭 10g

大葉 1枚

『作り方』
1.手に少し塩を塗って発芽玄米の中に鮭を入れて握る。
 
※玄米は白米よりボロボロしてるのでしっかり握る

2.少し塩水に浸した大葉(くたっとするくらい浸す)を
キッチンペーパーで水気をとっておにぎりに巻いていく

※大葉を塩水につけると巻き付けやすくなる

3.最後に鮭をおにぎりの先端にのせてできあがり!


体脂肪ダウンおにぎり

『ひじきご飯のいなり寿司』

『材料』
油揚げ

酒 水

砂糖

しょうゆ

ごはん

酢 塩

ひじき

にんじん

ごま

ごま油

『作り方』
1.油揚げは熱湯につけてしっかりと油抜きをする。

※油抜きをすることでカロリーを半分ぐらいカットできる

※ここからは作り方がくわしく紹介されませんでした。

2.ひじきのまざったご飯を作り、油揚げに入れてできあがり。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ