林修の今でしょ講座:口すぼめ呼吸のやり方!腹式呼吸も!肺を弱らせない

唇、口

2020年5月12日放送の「林修の今でしょ!講座」は
気を付けたい体の部位&悩み解消法SP。

肺炎特別講座。

教えてくれるのは、肺炎の名医
みやざきRCクリニック院長 宮崎雅樹先生です。

肺を弱らせない口すぼめ呼吸&腹式呼吸のやり方の紹介!

スポンサードリンク

肺炎とは?

肺炎には大きく分けて、次の2種類があります。

・一般的な肺炎→細菌性

・新型コロナウィルスなどによる肺炎→ウィルス性

2つの肺炎は肺炎にかかるメカニズムが違います。

一般的な肺炎は肺の中の肺胞という部位に細菌が入ることで炎症を起こす病気。

激しいせき、たん、高熱が出て、酷い場合は呼吸困難にもなる危険な病気です。

急増している新型コロナウィルスによる肺炎は、さらに重い症状が出る場合があります。

ウィルスも同じように最初は肺胞で炎症が起こります。

一部の人は免疫細胞が暴走し、
ウィルスだけでなく健康な組織も破壊するため、重症化してしまいす。

肺炎対策は?

肺は鍛えることができない臓器です。

しかし、肺機能を維持することはできます。

今の時期、肺を弱らせないことが重要。

肺を弱らせない呼吸法と

鼻呼吸と口呼吸がありますが
肺を弱らせないようにするには、鼻で呼吸することが大事。

その理由は2つあります。

鼻毛がウィルスをブロック

鼻呼吸だと鼻毛がフィルターの役割をしてウィルス・異物をブロックしてくれます。


スポンサードリンク

せん毛を乾燥させない

せん毛とはのどや気管にある毛のようなもので、
ウィルスや細菌から体を守るボディーガードの役割があります。

せん毛の弱点は乾燥で、
鼻呼吸をするとせん毛を乾燥から守ってくれます。

また水分をとることで、
せん毛の動きは良くなると言われています。

鼻呼吸が大事なのですが、
呼吸のやり方でも肺機能を衰えさえない呼吸の方法があるといいます。



肺を弱らせない口すぼめ呼吸のやり方

肺炎になるのは、肺の周りの筋力が低下していることも原因のひとつ。

肋間筋という呼吸筋が衰えていると、質の良い呼吸ができません。

肺自体を鍛えることはできませんが、肋間筋を鍛えることはできます。

1.口をすぼめ大きく息を吐きだしたら息を吸い込む

※口をすぼめることで抵抗が大きくなり気管支が広がる



肺を弱らせない腹式呼吸のやり方

肺を衰えさせないためには腹式呼吸もおすすめ。

1.背筋を伸ばしゆっくり息を吸い込む

※ポイントはおなかを膨らませるイメージ

2.おなかをへこませながら息を吸う時の
倍の時間で口から息を吐き出す

※筋肉が柔らかくなるお風呂上りに数回行うと、
良い睡眠にもつながるとのこと。

また、腹式呼吸により副交感神経が刺激され、
免疫力アップにもつながると言われています。




林修の今でしょ!講座:心臓の悩み解消法!脚ストレッチや足踏み、食べるとよい食材

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ