ガッテン:血糖値対策にピントレのやり方&野菜ファーストの正しいやり方!

ピントレ、スクワット

2020年5月20日放送の「ガッテン」

外出自粛で血糖値が上がる!? 
新型コロナ×糖尿病 最新情報SP

外出自粛の思わぬ影響として心配されているのが、
血液中に含まれるブドウ糖の量を示す「血糖値」の上昇です。

その対策として「食事」に関しては「野菜ファースト」
「運動」に関しては「ピントレ」について紹介!

スポンサードリンク

血糖値対策の食事法“野菜ファースト” の正しいやり方

野菜を先に食べる食事法、野菜ファーストは
血糖値の急激な上昇を抑える効果があると期待されてきました。

ところが、野菜ファーストの提唱者の梶山靜夫さんと今井佐恵子さんによると
野菜を先に食べるだけでは“ある重要なポイント”が抜け落ちているといいます。

そのポイントとは「5分かけて食べる」ということ。

これまで1400人以上に食事指導をしてきた結果、
早食いの人はいくら野菜を先に食べても、
血糖値があまり改善されなかったとのことです。

食事はよくかんで時間をかけながら食べることを心がけるとよいようです。


血糖値が上がりにくい体に体質改善!“ピントレ”

血糖値対策の運動としてオススメなのが、
ガッテン命名した“ピントレ”です。

スポンサードリンク

人間の筋肉には、持久力に優れ脂肪を消費しやすい「赤筋」と、
瞬発力に優れ糖を消費しやすい「白筋」がありますが、
その中間の性質を持ち脂肪も糖も消費する「桃色筋肉」を
ピントレで増やすことができます。

ピントレのやり方

1. 足を肩幅よりももっと広く開く

2. 10秒かけて ゆっくり腰を下ろしていきます

※ひざを痛めないために、
膝がつま先と同じ方向を向くように。

また膝はつま先より前に出ないようにする。

息を止めると血圧が上がってしまうため、
数を声に出して数えながら行います。

3. ひざを90度くらいに曲げたら 2秒間キープ。
そして立ち上がります

4.②と③をくりかえし10回行う。

3~5分の休憩を入れて、また10回。

休憩を入れてまた10回

計30回行います。

これを1日の運動として、週2~3回行います。

※痛みが出た場合は、すぐに運動をやめてください。

ピントレ、スクワット

椅子を使ったやり方

足腰に不安がある人や運動が苦手な人は
椅子を使うやり方もあります

椅子を2脚用意します。

1.浅すぎず深すぎない位置に腰かけ
肩幅より少し広めに足を開く。

2.前にもう1つの椅子を置く。

その背もたれに手を置いて支えにしてたつ。

3.ゆっくりとお尻を落としていく。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ