林修の今でしょ!講座:心臓の悩み解消法!脚ストレッチや足踏み、食べるとよい食材

心臓、ハート、医者

2020年5月12日放送の「林修の今でしょ!講座」は
気を付けたい体の部位&悩み解消法SP。

外出自粛で運動不足になりがちな今だから気をつけたい
「体の部位ランキング」。

ここでは第3位の心臓について。

心臓のためにできるストレッチや
食べたほうがいい食材について紹介!

スポンサードリンク

今だから気を付けたい体の部位ランキング3位:心臓

心臓について教えてくれたのは、
保科クリニック院長 保科孝行先生です。

外出自粛の影響で脚の筋肉が衰えることで
心臓にも影響を与えているといいます。

心臓へ血液が戻るためには、脚の筋肉が重要です。

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれており、
ポンプの役割を果たして血液は体の上の方へと戻ります。

つまり脚の筋肉が衰えるとうまく血液が循環されず
心臓に悪影響をあたえてします。

では外出自粛中どれくらい脚の筋肉量が落ちているのでしょうか?
2週間体を動かさないと、最大28%の筋力が低下する
という実験結果もあります。

脚の筋肉を維持するためには、
1日約2000~3000歩は必要だと言われています。

その場で足踏みするだけでも効果があるので、
1日20~30分ほど足踏みするとよいそうです。

心臓のために自宅でできること

脚のストレッチ

①脚のストレッチ

1.すわって足を組み
ふくらはぎを手で足首から上に向かって揉む

脚のストレッチ

2.片方の足も同様に揉む

3.両足2~3回繰り返す



②脚のストレッチ

1.かかと心臓の方へもちあげる
股関節のストレッチや坐骨神経の予防にもなります

※この時意識するのは股関節。
股関節を動かすと、血流改善につながります。


スポンサードリンク

②高温の高温の高温のお風呂に入らない

先生によると、40~41℃のお風呂に
20分くらい浸かるのが良い。

43℃くらいの高温のお風呂に入ると、
血管が急激に収縮したりして循環器にはよくない。


③炭水化物を控える

先生によると運動量が減っている今、
普段と同じようにご飯を食べてしまうと心臓への負担も大きくなります。

そこで心臓に良い食材2つを教えてくれました。

かつお節

かつお節には血管を下げてくれる
かつお節ペプチドが入っています。

4~5月が旬の初がつおには、
血管に良いと言われるDHAやEPAが豊富に含まれています。

かつお節ペプチドは
2016年国際高血圧学会で
血管を下げる効果が期待できると発表されました。

かつお節はだしにも使われることが多いのでとりやすい。

沖縄県はかつお節消費量日本一。
ゴーヤチャンプルーやソーキそばなどにかつお節が使われています。

高血圧疾患で治療を受ける人が多い県のランキングでも、
沖縄県は全国46位とかなり低いのが特徴です。


肉の中でも特に赤身には、
L-カルニチンという成分が多く含まれています。

L-カルニチンは脂肪燃焼作用があり、
血管上昇の原因となる肥満解消に期待できると言われています。

牛・豚・鶏で比較すると、
L-カルニチンは牛肉に特に多く含まれています。

しかし、注意しなければならないことも。

それは味付けの塩分。

塩・醤油は少なめにして
酢・ポン酢・だし・にんにく・しょうがなどを多用して
塩分は1日6g以下に抑えるようにします。

同時に水分もたくさん摂ることが重要です。

頻尿を心配して水分をとらない人もいますが、
脱水で脳梗塞などを起こしやすくなります。

水やお茶、コーヒーも糖分を控ええれば飲んでもよく、
1日1~1.5リットル程度はとるようにするとよいとのことです。




林修の今でしょ講座:口すぼめ呼吸のやり方!腹式呼吸も!肺を弱らせない

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ