雨、長靴、傘

2020年6月8日放送の「ZIP!」の特集。

梅雨時のイライラ解消。

傘の撥水効果が低下してきた
生ごみのニオイが気になるなど
梅雨時のイライラを解消する簡単なテクニックの紹介!

スポンサードリンク

梅雨時のイライラ解消

撥水効果が低下した傘の復活術

『ドライヤーを使う』

傘専門店で実際に使われているワザを応用した方法。

1.ドライヤーを10cm離し、傘に温風を
往復15秒かけてゆっくりかける。

特に水が染み込みやすい骨と骨の間部分は
20秒ほどじっくり温風をかけるのがポイント。

傘1本にかかる時間はおよそ5分。ド

ドライヤー後の傘に霧吹きで水を吹きかけると、
撥水効果が復活したのでした。

もともと傘の生地にはフッ素樹脂がかかっており、
羽毛のようになっているので水を弾く。

桃と同じ原理で表面の細かい毛が水を弾いているのです。

しかし、傘を手でこすったり畳んだりするときに触れるので
起毛が潰れてしまい、水を弾く機能が低下します。

温風でそのフッ素樹脂加工を立たせてあげることで
撥水効果が復活します。

スポンサードリンク

撥水加工されているレインコートにも効果はあります。

素材を表示するタグに「撥水」と書かれていればOK。

注意点

①至近距離で長時間あてるのはNG

②ビニール傘など撥水加工がないものは効果がありません。


キッチンの生ゴミ臭撃退法

梅雨時は嫌なニオイもこもりがち。

特に気になるのが生ごみのニオイ。

『酢を使う』

1.レジ袋の底にキッチンペーパーを2枚しく。

2.①に1:1で割ったお酢と水を入れる。

3.②に生ゴミを入れる。

おどろくべきは効果の早さ。
入れた時点でにおいがなくなったそうです。

生ゴミは主にアルカリ性の臭いなので
酸性のお酢を加えることで中和できます。

ポイントはお酢の量。
量を間違えると酸っぱいにおいが残ってしまいます。

混合液の量

小さめのゴミ箱には、混合液を作るお酢の量は大さじ1杯(15cc)ほど。

三角コーナーの場合は、混合液を作るお酢の量は小さじ1杯(5cc)ほどでOK。


靴下のぬれ防止に

水たまりで起きがちなイライラ。
靴の中までビチャビチャになること。

『シャワーキャップを使う』

1.靴下の上にシャワーキャップを履いて、靴を履く。

シャワーキャップも見えることなく、防水対策になります。

シャワーキャップはカメラや帽子などにも使えます。


本やノートがよれよれ

本やノートが雨に濡れヨレヨレになるイライラ。

『保存袋を使う』

本屋さんが教えてくれました。

1.濡れた本やノートを乾かないうちに
保存袋に入れる。

2.袋の口をあけたまま、冷凍庫に入れる。

3.1日入れておくだけ

取り出してみると
大きく波打つことなくちゃんと本がきれいに。

理由は、冷凍庫の中の湿度にあります。

冷凍庫の湿度は低く、約20%なので、
濡れた本の水分を一気に抜き取ることができ
冷やすことで紙の型崩れをなくすことができます。