林修の今でしょ講座:夏のマスクの疑問!熱中症に一番有効なマスク素材は?

マスクの女性

2020年7月14日放送の「林修の今でしょ!講座」の
夏のマスクの疑問を徹底解明SP

夏場の正しいマスクの付け方や、推奨される素材、
外した方がよいタイミングなど、
林修さんがマスクに関する疑問を名医にぶつけます。

スポンサードリンク

熱中症に一番有効なマスク素材は?

Q:一番息苦しくないマスクはどれか?
(温度上昇の少ないマスク)

A:不織布
B:布
C:ガーゼ
D:ウレタン

検証はマスクをつけたまま男女が軽い運動を10分間行い
運動前と後のそれぞれの数値を測定。

温度上昇がわかる3つのデータ測定の結果を基に
大西一成先生がマスクランキングを作成。




結果

【4位:Aの不織布マスク】

2.2℃上昇!

不織布マスクは、小さい粉塵をフィルターで補修したいという考えも入って作られたもので、
息を吸うとき吐くときにマスクが動くので温度上昇してしまう。

更に汗をかいてしまうとマスクの周りの隙間もふさがって
熱がたまり息苦しくなってしまう。



【3位:Bの布マスク】

1.4℃上昇!

通気性はいいのですが、吸湿性が高いため、
マスクが口に張り付き熱がこもってしまう。


【2位:Cのガーゼマスク】

0.4℃上昇!

ガーゼマスクも布マスクと同様に隙間が多く通気性がよい。

大きさが小さいので、口にくっついたとしても空気が周りの隙間から
出たり入ったりするので息苦しくない。


【1位:Dのウレタンマスク】

9.2℃上昇!

ウレタンマスクは着用したときに
鼻の隙間が大きいので空気の出入りがしやすく熱がこもりにくい。

涼しく過ごすにはウレタンマスクがおすすめ!



夏場は控えた方がよいマスクの色は?

色と温度の上昇は関係があるとのこと。

若者に人気の黒マスクは注意が必要。

黒色は太陽光を吸収しやすく温度が上昇しやすい。

気温35度で黒と白のTシャツの表面温度を計測したところ、
白Tシャツは約35℃のままでしたが、
黒Tシャツは約50度という結果に。

白と黒の比較で15度差が出ています。

夏は白や明るい色を使うのがおすすめ。



ウイルスを1番通さないマスクは?

通気性の良いマスクは
新型コロナウイルスは大丈夫なのか?

新型コロナウイルス感染者と一緒に話している
シチュエーションを再現。

スポンサードリンク

マスク前に飛沫と同じくらいの粒子を浮遊させ
どの程度侵入したかを計測。

比較したのは布マスク、ガーゼマスク、
ウレタンマスク、水着生地マスク、不織布マスクの5つ。

ウイルスを一番防げたのは不織布マスク!

(新型コロナと同じぐらいの)粒子を約55%防ぐことができました。

ほかのマスクも大きい飛沫は防げるので
感染対策として効果が期待できるとのことです。



不織布フマスクの正しい付け方

マスクを正しく付けると新型コロナと同じくらいの粒子を
約95%防ぐことができるとのこと。

1.手を洗う

2.マスクを半分に折る。

3.半分に折った部分を折り返す。

4.自分の鼻の高さと同じに調節する。

5.Wの形にする。

マスク

6.軽くプリーツを広げる。

7. マスクをして
鼻の上、横、あごの下から漏れがないように密着させる。

夏マスクの選び方

温度の上昇を下げる意味ではウレタンマスク。

ウイルスの侵入を防ぐ意味では不織布マスク。

マスクの特徴を理解し、
状況や環境に応じて自分に合うものを選んでほしいとのことです。



マスクを外した方がいい、危険なタイミングは?

熱中症の症状が疑われたときはすぐにマスクをはずして
水分補給を。

熱中症の主な症状

頭:ボーっとする・めまい

腹:食欲低下・吐き

足:足がつる・けいれん
など。

病院に行くべきか簡単に症状を見分ける方法があるとのこと。

未開封のペットボトルが開けられなくなったら危険なサイン。

飲みたい時に飲める意識があるか
飲み込める力があるかが大事だとのこと。

マスクをしていると危険なシチュエーションは?

今年5月、マスクをして自転車に乗っていた女性が突然転倒しました。

暑い日ではなかったのですが、女性は熱中症で病院に搬送されました。

気づかないうちに汗をかいて水分を失ってしまい
熱中症になってしまっていたのでした。

マスクは口の中が潤うので水分補給を忘れがちになってしまう。

谷口先生は自転車に乗るときはマスクを外した方がいいとのことでした。

※周囲に人がいないか注意します。


マスク関連の記事

ZIP:小顔にみえるマスクの柄は?エコー錯視にゲシュタルト群化

ZIP:マスクのお悩み!マスクニキビ対策やざわちんのマスクメイク術

ZIP:マスク越しでも伝わる笑顔術!ひよこスマイルとは?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ