世界一受けたい授業:広瀬香美の歌がうまくなる方法!

カラオケ

2020年8月1日放送の「世界一受けたい授業」

広瀬香美流歌が上手くなる方法の紹介!

市來玲奈アナウンサーが
10日間のトレーニングを実践

スポンサードリンク

歌を歌う前の準備体操①「リップロール」

歌はスポーツと同じで準備体操が重要とのこと。

そこでリップロールをします。

リップロールとは
口を閉じた状態で空気を吐き出し、唇をブルブルと震わせるストレッチのこおt。

声帯や表情筋を刺激することで、口の周りの筋肉をほぐす効果があります。

リップロールのやり方

1.唇を軽く閉じる

2.キスをするように唇を少しとがらせる

3.息を吐き出し、ブルブルさせる

上手くできない場合は
左右のほっぺたを持ち上げて、息を吐き出します。

毎日歌う前に30秒やるのがおすすめ。

歌を歌う前の準備体操②「ほっぺたグニャグニャ体操」

表情筋があがり、口の中が広くなることで
息の量が増え、声が響きやすくなります。

1.頬骨の下あたりにグーを押し当てる

2.左右交互縦に頬を10回押し上げる

笑顔で歌うトレーニングにもなります。

これを10回、1日2セット。



発声の基本その①腹式呼吸

腹式呼吸とは、息を吸ったときお腹が膨らむ呼吸法です。

喉や体の力が抜け息の量が増えるので、声量が見違えるほど上がります。

スポンサードリンク

腹式呼吸は、お尻をしめると簡単にできるとのこと。

お尻はずっと閉めたままで歌います。

発声の基本その② 息をたくさん使う

高音を出すときなどに、首をまっすぐ伸ばすと
吸い込んだ息が真上にたくさん流れ
無理なく大きな声が出やすくなります。



うまく歌うコツ!笑顔で歌う

実は笑顔で歌うことが大切。

口角が上がると声が響きやすくなり、
歌声が明るくなって通る声になります。

音程を正確にとる練習!朝起きたら「ド」を発声

歌の中で音程が取れない人の多くは、
音程が曖昧なまま記憶されています。

そのため正しい音程を記憶させることが重要。

朝起きたら、できるだけ早く「ド!」を発声。

ピアノやアプリで「ド」の音程を確認するようにします。

毎日続けることで正しい音程が身につく!



高音の出し方

高音を出しやすくするあるコツがあるとのこと。

それは「手をあげること」

手をあげることで首のまわりの筋肉も伸び、
体全体を使うので
喉だけより高音が出やすくなります。

片手より両手を上げるともっとよく、
2音くらい上がることも。

頭上に風船が浮いているのをイメージして、
キリンの首を通った声がパン!と風船を割っていく感じで
発声します。

人に聴いてもらうことで早く上達!

ある行動をすると早く歌が上達するとのこと。

それは人に聴いてもらうこと。

1人で練習しているよりも、
誰かが聴いているという意識を持つと上達が早くなります。

1日30秒ほどレコーディングして、
家族や友人に聴いてもらうのもおすすめ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ