ヒルナンデス:プロが選ぶステーキを柔らかくする裏ワザナンバー1!アルミホイルで包む

いきなり!ステーキ

2020年8月6日放送の「ヒルナンデス」の
その裏技!結局どれが一番いいの!?

テレビや雑誌などで紹介された裏技をリストアップし、
その道のプロに一斉アンケート。

ここではプロが選ぶステーキを柔らかくする裏ワザナンバーワンの紹介!

スポンサードリンク

プロが選ぶおいしい柔らかステーキを作る裏ワザ

第5位:ビールに漬ける(33%)

ビールの酵母がお肉を柔らかくしてくれる。

プロに聞くと
炭酸も肉の筋繊維を柔らかくしてくれる。
味にまとまりができるとの意見。



第4位:マイタケと一緒に寝かせる(33%)

マイタケに含まれる酵素が肉を柔らかしてくれる。

スポンサードリンク

プロに聞くと、きのこ類に含まれるグアニル酸で旨味も倍増する。
寝かせた後もソテーで使えるなどの意見。



第3位:塩麹に漬ける(43%)

肉を柔らかくする酵素がお肉が柔らかくしてくれる。

塩麹に含まれる酵素が肉を柔らかくすしてくれる。

プロに聞くと
肉を柔らかくする酵素はプロテアーゼは舞茸よりも強力。
アミノ酸も豊富で旨味アップなどの意見。「



第2位:すりおろし玉ねぎに漬ける

玉ねぎには肉のたんぱく質を分解する
酵素プロテアーゼが多く含まれています。



第1位:焼いた後アルミホイルで包み休ませる

余熱で中までゆっくりと火が通るため、
肉汁が全体に回り、肉のパサつきを防いでくれます。

プロによると肉のタンパク質は急激な温度上昇で固くなります。

アルミホイルに包んで休ませることで
余熱で中までゆっくりと火が通るため、
お肉が柔らかく仕上がります。



ヒルナンデス:プロが選ぶパラパラ炒飯の裏ワザNo1!お米をかために炊く

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ