ヒルナンデス:プロが選ぶパラパラ炒飯の裏ワザNo1!お米をかために炊く

炊き込みチャーハン

2020年8月6日放送の「ヒルナンデス」の
その裏技!結局どれが一番いいの!?

テレビや雑誌などで紹介された裏技をリストアップし、
その道のプロに一斉アンケート。

ここではプロが選ぶおいしいパラパラ炒飯を作る裏技ナンバーワンの紹介!

スポンサードリンク

プロが選ぶパラパラ炒飯を作る裏ワザ

全国中華料理店計30店舗にアンケートし、
21種類の裏技から本当に使える裏技ランキングを作成。

第5位:「 マヨネーズを加えて炒める」(33%)

マヨネーズの食用油が米一粒一粒をコーティングするため、
米同士がくっつきにくくなるという裏技。

マヨネーズは卵と油からできているので、
ご飯と炒めるとパラパラになりやすい。



第4位:「米に油を加えて炊く」(43%)

お米炊く段階で一粒一粒が油が米をコーティングされるため、
よりパラパラになる。

スポンサードリンク

マヨネーズは焦げる可能性もあるので
油のほうが簡単でよりパラパラになるという意見も。



第3位:「フライパンを振らない」(46%)

お店に比べ家庭は火力が弱いため
振らないことで熱伝導率を上げられ、
火力を最大限に生かせられる。

第2位:「卵かけご飯にしてから炒める」()

お米一粒一粒を卵でコーティングするため、
卵の水分がお米のデンプンを分解するため
パラパラになる。



第1位:「お米をかために炊く」(83%)

ごはんが柔らかいとお米同士がくっつきやすいため、
かために炊くをお米のデンプン質が出ない。

プロによると
チャーハン用にご飯を用意することが大事。

余ったご飯でチャーハンを作るのは難しい。

水分が少ない→油も少ない→パラパラでくどくないチャーハン



ヒルナンデス:プロが選ぶステーキを柔らかくする裏ワザナンバー1!アルミホイルで包む

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ