【世界一受けたい授業】乳がんの正しい知識!発生率を下げる食べもの

スポンサードリンク

 

2017年2月18日放送の「世界一受けたい授業」の
「家族を守るための乳がん検定 」

乳がんの正しい知識を紹介!

スポンサードリンク

乳がんはマンモグラフィだけでは発見しにくい

女性がかかる”がん”で最も多いのが「乳がん」。

市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんや北斗晶さん、
南果歩さんなど多くの芸能人が発症しています。

日本人女性の11人に1人が乳がんにかかっています。

通常乳がんは母乳を通る乳管の内部に発生。

がん細胞は周囲の組織を巻き込みながら大きくなり、
進行すると肺など他の臓器に広がってしまいます。
 
実は乳がんは早期発見できれば
90%以上は治る可能性があるのです。

しかし、各国の検診率をみてみると、
80%を超える国もあるのに
日本は41%と先進国の中でも極めて低いのが現状です。
 
そんな乳がんの正しい知識について、
昭和大学の明石定子先生に教えてもらいます。
 
乳がんの検査は通常は2年に1度のペースで検診をうけると良いが、
乳がん患者が身内にいたりなど心配な方は
1年に1度受けると良いそうです。

マンモグラフィは乳がんの早期発見のために
乳房をX線撮影する検査法。

しかし日本人女性はマンモグラフィでは
見つけにくいのです。

その原因はデンスブレスト。
デンスブレストとはほかの人に比べ、母乳などをつくる
乳腺の濃度が高い乳房のこと。

デンスブレストの場合、
乳房全体が白く、乳せんも白くうつってしまい、
がんと見分けがつかなくなるのです。

そして日本人女性の半数以上が
デンスブレストだといわれています。

そのため超音波検診も同時に行うことで発見率が高まる。
また、ある特徴をもつ女性は乳がんになりやすい。
 
 
『検査方法の比較』
 
【マンモグラフィ】
乳房全体を短時間で診ることが可能。
早期がんを発見することができる。
 
しかし、がんと乳腺が同じ白色で写るため
同化してしまいわかりにくい。
 
 
【超音波】 
ハッキリと見える。
特に痩せた人、デンスブレストの人に適している。
 
しかし、乳房全体を診るのに時間がかかる。
検査技師の技量で差が出る。
 
 
40代女性では2つの検査を併用すると
発見率が1.5倍になるというデータがあるとのこと。

ただ20~30代の若い人は
マンモグラフィによる被ばくの問題もあり、
また乳がんの発生リスクが非常に低いので
慌てて検診を受ける必要はありません。

ただ、家族に乳がんを発症された人がいる場合は
早くから検診を受けた方がいいとのこと。
 
 


「???の人は、乳がんに2.4倍なりやすい!」
どんな人がなりやすいのでしょうか?

正解は



背の高い女性

スポンサードリンク

国立がん研究センターが5万人以上を
対象に行った調査によると、
身長が160cm以上の人は、
148cm以下の人に比べ閉経前で1,5倍、
閉経後で2,4倍も乳がんにかかる率が
高かったのです。

成長期に発育が良かった人は、
女性ホルモンや成長ホルモンの分泌が
早く始まるということが影響しているのでは、
と考えられます。



乳がん検定

 
第1問「胸が大きい人の方が乳がんになりやすい?」  
正解は
×

胸の大きさと乳がんのリスクは関係ありません。

また牛乳などの乳製品を多くとるとに乳がんになりやすい
という説も医学的には証明されていません。

ただ太っている人(BMI30以上)の人は
標準体型の人と比べると
2倍リスクが上がるといわれています。




第2問「毎日、お酒をいっぱい飲む人は乳がんになりやすい?」 

正解は

アルコールを分解した際に発生する
アセトアルデヒドという成分に
発がん性があると考えられています。

1日に日本酒だと1合、ビール大瓶1本、ワイングラス2杯、
これ以上の量を毎日飲む人はリスクが高くなる
というデータがあります。



第3問「しこりが見つかったら乳がんの可能性が高い?」 

正解は
×
しこりの8割は良性のモノと言われています。

特に生理前に見つかったしこりは、女性ホルモンの影響で
乳腺が張って硬くなっている場合が多いので、
生理後にもう一度チェックしてみて下さい。

消えていれば心配ありません。




第4問「乳がんは胸に痛みを感じる?」

正解は
×

「胸が痛い」といって慌てて病院に来る方がいますが、
女性ホルモンの影響という事が多く、
基本的に乳がんでない事が多いのです。

乳がん検定 第5問
「運動すれば乳がんのリスクは下がる」  
 

正解は

毎日適度な運動をしている人は、
そうでない人に比べ、
乳がんのリスクが3分の1に
減少するというデータがあります。

少し汗ばむ程度の運動を
毎日続けることが大切。


3Dマンモグラフィ

住吉美紀さんが最新の乳がん検診を体験、
受診するのは3Dマンモグラフィという検査。

従来のマンモグラフィは一方向しか撮影できなのですが、
3Dマンモグラフィは乳房を1mm間隔の断面で撮影できます。

検査にかかる時間は15分、費用は1万6000円。

住吉美紀さんの検査の結果、異常はありませんでした。


毎日食べると乳がんの発生率が下がるもの

そして最新の研究で分かったことがあります。

「???を毎日食べると乳がんの発生率が40%低下!」
一体、何を食べるといいのでしょうか? 

正解は
お味噌汁

厚生労働省が行った調査によると、
味噌汁を飲む頻度が1日1杯未満の人に比べ、
1日に2杯の人は26%、3杯以上飲む人は40%も
乳がんの発生率がダウンしたのです。

大豆に含まれるイソフラボンに
乳がんの予防効果が期待出来るのでは
と考えられています。

コメントを残す

このページの先頭へ