【あさイチ】畳やじゅうたんのへこみの直し方!シミの落とし方も

家具、部屋、家

2017年2月21日放送のNHK「あさイチ」の
「スゴ技Q サクッとスッキリ!「直す」技 大公開」

イグサの畳のへこみの直し方や
じゅうたんのへこみの直し方、
じゅうたんのシミの落とし方も紹介

スポンサードリンク

畳のへこみを直す方法

家具などを長年置いて出来てしまった、
畳のへこみの直し方を老舗畳店の四代目、
八巻太一さんに教えてもらいます。

八巻さんは110年以上続く畳店の4代目。

長年、培った技の中から
誰でも簡単にできる直す技を教えてもらいます。

水と熱を使うことで、
畳に使われているイグサが膨らむので、
へこみを直すことができます。

へりの部分は溶けてしまうので、
熱を当てないようにします。

【イグサを使用した畳のへこみの直し方】

①霧吹きで、へこんだ部分に、
畳が少し湿る程度に水を吹きかける。

②水を指でなじませ、イグサに水を浸透させる。

③夏場で5分間、冬場で10分間放置する。

上からの圧力で潰れた畳のイグサは水を含むと、
元に戻ろうとある程度まで膨らみます。

④へこみの部分にぬれタオルを置く。
熱を和らげ、水分を足すための当て布として使います。

⑤温度を「高」に設定したアイロンを
ぬれタオルの上に押しつける。
一気に熱を加えるのが効果的。
一度膨らめば乾いても、その形を保てます。

※スチームは畳を傷めるおそれがあるため、
今回は使いません。

このときときどきタオルをめくり、
へこみが直っているか確認しながら作業する。

あまりやりすぎると、変色してしまうので注意。

⑥このままだとカビが生える可能性があるので、
ドライヤーで畳を乾かす。

畳から10センチほど離し、
1点に、ずっと当て続けるとドライヤーの熱で
変色する可能性がありるので
少し動かしながらこの周りを乾かします。

⑦触って湿っていなければできあがり。

いぐさかどうか分からず心配という場合は
湿ったおしぼりを当てる程度に
とどめておいてくださいとのことです。

スポンサードリンク



じゅうたんのへこみを直す方法

【じゅうたんのへこみの直し方】

ウールのじゅうたんのへこみの直し方を
ホテル修繕のプロ、大坂裕之さんに
教えてもらいました。

使う道具はスチームアイロンと割り箸です。

スチームアイロンの設定は「高」。
蒸気を、へこみに当てます。

根元に蒸気を当てるのがポイントです。

これで、寝ていた毛が起き上がってきます。

材質によっては、あまり熱いと溶けてしまったり
傷んでしまうので密着はさせないように。

完全に直すためには割り箸も使います。
割り箸で、寝ていた毛を起こすと
蒸気が奥まで入るのでへこみをさらに直せます。

割り箸でへこみのところをかき分けて
根元に蒸気が当たるようにします。

一方方向ではなくていろいろな方向から
蒸気を当てます。

最後に、手で毛をなじませたあと
掃除機をかけると毛がより立ち上がります。
これで完成です。



じゅうたんのシミの直し方

【じゅうたんのシミの直し方】

何の汚れかわからない場合は
水を1滴落としてみて、
はじくようなら油性のシミ。

なじむようなら水溶性のシミ。

油性のシミはベンジンで処理。

番組ではしょうゆということで
水溶性のシミを落とします。

シミを落とすためには
汚れを浮き上がらせる力がある
泡洗浄がオススメとのこと。

泡で出てくるハンドソープや、
泡立てたせっけんをシミに塗ります。

そして歯ブラシでこすり、
かたく絞ったキレイなぞうきんで
泡をふき取って乾かせばOKです。

それでも落ちない強力なシミには、
アンモニア水を2~3滴垂らすと、
汚れが落ちやすくなります。




この日の直すワザ↓
【あさイチ】畳やじゅうたんのへこみの直し方!シミの落とし方も

【あさイチ】画びょうなどで開いた壁の穴の直し方!

【あさイチ】スーツや制服のテカリの直し方!アイロンとアンモニア水

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ