【あさイチ】ストレスに負けない心のストレッチ法!脱力・温感・自己主張

瞑想、合気道

2017年2月21日放送のNHK「あさイチ」の「スマートライフ」
は「ストレスに負けない!心のストレッチ」

体をリラックスすることで
心をリラックスさせる方法などを紹介!

ストレスをためない

きょうのスマイフは
ストレスに注目していきます。

早稲田大学教授で
ストレスによる症状や病気の治療が専門の
熊野宏昭さんに教えていただきます。

ストレスがたまりやすい人と
たまりにくい人がいます。

ストレスは
ため込まないことがより大事です。

ストレスは借金みたいなもの。
だんだんたまっていって
そのうち破綻してしまう。

ストレスと逆の状態として
知られているものがリラックスです。

ラックスしている状態は
ストレスと逆の状態なんですが、
リラックスは一時的なものと
考えられがち。

疲れたときにちょっと休む。

しかし、そうではなくリラックスも
繰り返しやっていくと、
今度はたまっていきます。



心のストレッチ

【張からくる体のつらさに!脱力ストレッチ】

ストレスがたまってくると体が緊張し、
肩がこったり、腰が痛くなったりといった影響が出ます。

緊張すると体に力が入りますが
体の力を抜くと緊張もほぐれます。

体と心は両方向の関係になっています。

そんなときは「脱力ストレッチ」がおすすめです。

額、肩、手の順番に行います。

①額をリラックス
息を吸いながら顔は動かさず
目だけを思い切り上に向けて2~3秒キープしたら
息を吐きながらストンっと力を抜く。
これを2~3回繰り返す。

【①肩をリラックス】
両肩を思い切り上げて首をすぼめて
2~3秒間キープし、肩をストンと落として力を抜き、
そのまま緩んだ感じを味わう。
これを2~3回繰り返す。

【②手のリラックス 】
こぶしを握りギューっと力を入れ、
そのまま2~3秒間キープし、こぶしを開き、
そのまま緩んだ感じを味わう。
これを2~3回繰り返す。

これを繰り返しやっていくことが大事です。

1回やれば今は緩みますが
また1時間ぐらいするとまた元に戻ります。

毎日2、3分でもいいです。

朝起きたときに毎日やると
ストレスがたまるのと同じようにリラックスも
たまってきます。

するとあまり肩が凝らなくなったな
というふうになってきます。

力が入っているのと抜けているのと
その差をよく感じるということと
毎日続けていくことです。




【温かさを体中へ行き渡らせる 温暖ストレッチ】

緊張してくると手足が冷たくなったります。
リラックスすると手足はぽかぽかしてきます。

体の末端から全身へ温かさを行き渡らせ
リラックスさせるのが「温暖ストレッチ」です。

いすに座って両手を太ももに置いて目を閉じる。
太ももの温かさが手のひらから腕、肩、
そして全身に行き渡っていくのをイメージします。
毎日時間を決めて5~10分間行います。

日だまりの中に座っているような
そういうイメージを思い浮かべながらやっていくと
体全体がぽかぽかしていく感じがわかりやすい。




【言いたいことを言える自分になる 自己主張ストレッチ】

ストレスの大きな原因は対人関係と言われます。
上手に自分の意見を言えるようになれば
ストレスを軽減することができます。

手鏡に向かって自分が思ったこと、
言いたくても言えなかったことなどを3回言います。

ほかにも、伝え方がうまいと思う人を
観察するといった方法があります。

見ているだけで自分もできるようになるそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ