【あさイチ】手足の乾燥ケア!保湿クリームの塗り方やマッサージ方法

2017年2月23日放送のNHK「あさイチ」の
「スマートライフ」は「手足の乾燥ケア」

冬は乾燥や寒さで手や足が乾燥しがち。

肌の乾燥は表面をうるおすだけでなく、
血行をよくすることが大切。

簡単にできる手足のマッサージや
保湿クリームの塗り方など、
乾燥肌を防ぐ方法を皮膚科医の吉木伸子さんに
教えていただきます。

スポンサードリンク

手の乾燥を防ぐには?

手の乾燥を防ぐために必要なのは
「水」に気をつけること

インフルエンザの季節で
手洗いの回数が多いと思います。

けれどもぬれた状態で手をおいておくと
水が蒸発してお肌の潤いも一緒に
奪っていってしまいます。

ぬれたらすぐにハンカチで
いいのでまめにふきます。

そして、まめにハンドクリームを
塗ります。

また、家事をする主婦の方は
どうしても水に触れます。

食器などを洗うときや
野菜の泥を落とすときも手が荒れるので
なるべくビニール手袋とかで保護します。

水に触れる回数を少なくしてもらうことが大切です。

洗剤以外でも気をつけることとして。
手を洗うとき、液体のハンドソープは
量を使いすぎてしまうことが多いので注意します。

固形せっけんで洗うほうが刺激が少ないです。

固形せっけんを泡立てることを考えると
液体せっけんは1回の量が出やすいです。



ケアの方法

ふだんのケアとしてはハンドクリームがおすすめです。

ふだんは手を洗うたびに少量つけます。

さらに寝る前にたっぷりと塗ってマッサージをして
寝るとよいです。

マッサージは1日1回でもいいです。

血行を良くすることで肌荒れ予防に
効果が期待できます。


就寝前のハンドクリームを塗りながらマッサージ

①ハンドクリームを多めに手のひらに取り、
すり合わせる。

②一方の手でもう一方の手の小指側をつかみ、
手首から指先へと塗り広げる。

③親指側も手首から指先へと塗り広げる。

④指1本1本にクリームをもみこむ。
つめのまわりにも丁寧に塗る。



足の乾燥肌を防ぐケア

かかとはガサガサになっていても無理に削ったりせず、
厚くなっている部分を削る程度にします。
その後クリームで保湿してあげることが大切です。

また底の薄い靴も原因になりやすいので、
クッション材を入れるなども効果があります。

足も手と同様にクリームを塗りながら
マッサージを一緒に行います。

①たっぷり手にクリームを取り足裏にクリームを塗る。
かかとは手で包み込むように念入りに塗る。

②足裏を両手の親指でほぐす。

③クリームをひざ元全体とひざに塗る。

スポンサードリンク

※かかとだけに注目してしまいますが
血行をよくするためには広い範囲で
マッサージするとよいです。
むくみも取れ、美脚効果もあります。
④両手で片方のひざ裏をつかみ、
親指で5回押す。

⑤両手で足首をつかみ、内側のくるぶしの横を
親指で3回押し、そのまま引き上げるように
マッサージする。

クリームの種類はいろいろありますが
冷え性気味の方は血行を促進するビタミンEがおすすめ。
ガサガサ割れてくる方は尿素が滑らかにしてくれます。

何をつけてもしみてしまうという方は
ワセリンがおすすめです。




リップケア

ワセリン:はちみつ=1:1 
で混ぜたものを唇に塗り、
ラップでパックするのがおすすめ。



吉木伸子先生の本↓

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ