ヒルナンデス:ジューシーなハンバーグを作る裏技ランキングベスト5!

和風ハンバーグ

2020年10月1日放送の「ヒルナンデス」の
その裏技!結局どれが一番いいの!?

テレビや雑誌などで紹介された裏技をリストアップし、
その道のプロに一斉アンケート。


おいしいジューシーなハンバーグを作る裏技ランキングベスト5の紹介!

スポンサードリンク

プロが選ぶジューシーなハンバーグを作る裏技ランキング

ジューシーなハンバーグを作る裏ワザは、21種類。

全国のハンバーグ店計30店舗にアンケートを行い
本当に使える裏ワザランキングを作成。

第4位:「手に油をつけてタネの表面をなめらかにする」(60%)

焼いた時にタネが割れるのを防ぎ、肉汁の流出を防ぎます。

表面をなめらかにすることで、
家庭でもジューシーなハンバーグが作れます。





第4位:「肉は冷やしておき高速で一気に混ぜる」(60%)

長時間タネを練ると手の熱で肉の脂が溶け出し
パサついてしまいます。

肉は冷やしておいて素早く混ぜることで
ジューシーに仕上がります。

水分と脂分を中に閉じ込めることが重要。



第3位:「ボウルを冷やしながらタネを作る」(63%)

ボウルを冷やすことで、
肉の脂が手の熱によって肉の脂が溶けるのを防ぎます。

肉の脂は一度溶けてしまうとベタッとした食感になるので
お肉全体を冷やしながら溶けないように混ぜ合わせるのがポイント。



第2位:「タネに牛脂を加える」(76%)

タネに牛脂を加えると、
肉の脂の旨味が染み込み
肉汁をプラスするのと同じ作用に。

切った瞬間に肉汁があふれ出す
ハンバーグができます。



第1位:「成形したタネは冷蔵庫で30分寝かせる」(80%)

溶けかけた脂が冷えてまた肉に戻ることで、
ジューシーに。

また、タネが安定して崩れにくくなり
肉汁の流出を防いでくれます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ