あさイチ:すだちとしょうがの酵素シロップのレシピ!

すだちとしょうがの酵素シロップ

2020年10月22日放送の「あさイチ」の
シェア旅 徳島。

ここではすだちとしょうがの酵素シロップのレシピの紹介!

スポンサードリンク

すだち

徳島県はすだちの生産量日本一、
98%のシェアを誇ります。

>>-訳あり品・2020年産- 徳島県神山町産栽培期間中化学的合成農薬・化学肥料不使用すだち 1kg入り(サイズ混合・30個以上)

すだちを使った「酵素シロップ」は手軽に作れて、
保存もきくので、今女性に大人気。

作ったシロップはドリンクとして薄めて飲んだり、
調味料がわりに料理にも使えます。

“酵素の達人”杉本雅代さんが
「すだちとしょうがの酵素シロップ」の
作り方を教えてくれました。

スポンサードリンク


スタジオでは、シロップをこしたあとに残ったすだちの使い方として、パウンドケーキもご紹介しました。


すだちとしょうがの酵素シロップのレシピ

すだちとしょうがの酵素シロップ

『材料』(1びん分)

すだち 500g

しょうが 100g

上白糖 660g
※上白糖の方が腐りにくい

黒糖や未精製の砂糖だと醗酵するのに時間がかかる

(お好みで)
ローリエ

ペッパー

『作り方』
1.すだちの皮をむく。
そのあと皮つきのしょうがとすだちを輪切りにしていく。

2.ガラス瓶に上白糖を敷きつめ、
そのあとはすだちとしょうがを並べる。

これを交互に行い、最後は砂糖でふたをする。

※発酵によってたまるガスで
中身が吹きこぼれる恐れがあるので、
空気が入るように軽くフタを開けておく

3.自然発酵を促すため、1日1回シロップをかき混ぜる。

4.表面に泡が出てきたら発酵したサイン。

ざるで越して、シロップだけを抽出すれば
すだちとしょうがの酵素シロップのできあがり。

夏は10日、冬は2週間程度かかります。

常温で保存しておいてもOK。


※材料をぶどうを一緒に入れればピンク色に、
ドラゴンフルーツを入れれば紫色に、
アロエを入れればグリーンと、
カラフルな色合いにすることもできます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ