土曜は何(ナニ)する:シワとりメソッド!1日5分で顔の印象が変わる!永松麻美

女性、美容、化粧

2020年10月31日放送の「土曜はナニする!?」の
予約が取れない10分ティーチャー。

今回は、1日5分で10歳若返る!?
シワとりメソッドを永松麻美先生が伝授!

スポンサードリンク

美容家&美肌デザイナーの永松麻美先生

>>人生がときめくシワとりパーフェクトブック/永松麻美【1000円以上送料無料】




顔には様々なシワがありますが、
とくに注意が必要なのが縦の線
眉間のしわ、ほうれい線、マリオネット線3つの線です。

・眉間のしわ→痛みを感じたり眩しいときにできやすいシワ

・ほうれい線・マリオネット線→ネガティブな感情になっているときや
不快なとき、悪口を言うときにできやすいシワ

顔のしわを取る1番のポイントは
元筋のコントロール。

眉間のしわを解消

鼻根筋をほぐす

1.おでこのシワを伸ばして、鼻根筋をとらえやすくする。

2.反対の手の人差し指を曲げ、
第一と第二関節の間を鼻根筋に当て、左右に揺らす。

3.5~10回行う。

※力を入れすぎると摩擦で肌があれるのでゆっくりと左右に動かす。



皺眉筋をほぐす

1.人差し指のはらを使い、
眉頭から斜め上にシワを伸ばすイメージで指をスライドさせる。

2.左右5~10回行う

※目を閉じた状態でマッサージするとより効果的。



おでこの筋肉(前頭筋)をほぐす

1.眉の上に4本の指のはらを置き、
小さな円を内から外に5~10回描くように指圧する。

2.指を髪の生え際あたりまで移動させる。

※皮膚を摩擦で傷つけないよう少し浮かせて指を動かす。



ほうれい線を解消

頬下をほぐす

1.中指と薬指のはらで圧をかけながら、
指を際まで移動していく。

※頬が硬い人は圧をかけて
左右に揺らしながら際まで移動させてください。



頬上をほぐす

1.頬の上に親指の第一と第二関節の間の面を頬の上に当て、
圧をかけながら上下に揺らす。



頬の筋肉をほぐす

1.口を閉じ、口内で舌を大きくゆっくりグルグル回す。

2.左右10回ずつ行う

※舌を使うことで唾液も出るので
虫歯や歯周病予防にも効果があります。


マリオネット線を解消

口の横から下にかけてできるのがマリオネット線です。

マリオネット線を解消する

1.人差し指を曲げ、第一と第二関節の間の面を
マリオネット線のところに軽く押し当て、左右に揺らす。

2.5~10回行う。

※口元の筋肉を緩めることでより効果的にほぐすことができる。



口角&マリオネット線を解消する

1.アゴを出した状態で上を向く。

2.舌を上に出し、10秒キープ。

のどのあたりが締まるような感覚になればo.k。

※首のシワや二重あごの予防にもおすすめ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ