がっちりマンデー:タカショーの人気商品!人工の竹「エバーバンブー」のお取り寄せ!

小松菜家庭菜園

2020年11月22日放送の「がっちりマンデー!!」
儲かる「庭ビジネス」

株式会社タカショーの看板商品
人工の竹「エバーバンブー」などのお取り寄せの紹介!

スポンサードリンク

エクステリア・庭・ガーデニング|株式会社タカショー

タカショーはホームセンター用から
造園業者さんが使うプロ用までさmざまな庭用品を作っている業界最大手メーカー。

最近の売れ筋を聞いてみると、
ベジトラグ。

なんと売れ過ぎて2年先まで受注が追いつかないという
プランター「ベジトラグ」。

1万円以上するものの販売数はおよそ25万台。

これは実は下が空いていて、
少し通気性が良くなってものスゴく心地よく植物が育つので
だいたい倍くらい育ちます。

>>菜園プランター ベジトラグ バルコニーサイズ G65804

ほかにも販売2年で3万台売り上げた
庭の木を下から神秘的に照らしてくれるライト「木のひかりセット」や
累計700万枚と夏にバカ売れしているクールシェード。

>>

スポンサードリンク

>>【送料込】 タカショー クールシェード ベージュ 2×2m 【2年間の安心保証】 タカショー


そんな庭業界の儲かり企業タカショーには
イチオシのベストセラー商品があるとのこと。

タカショーの看板商品は人工の竹、その名も「エバーバンブー」。

実は日本の竹垣の8割は人工。

高岡社長によるとお家の庭はもちろん、
ホテルや温泉をはじめ、日本のあちこちで見かける竹垣のうち
およそ8割が人工の竹を使っているとのこと。

能登の加賀屋さん、箱根の小湧園、白銀台の八芳園さん、
そういうところで使われています。

しかしどうして名だたる庭で
こんなに使われているんでしょう?

それは本物以上に本物にみえること。
人工が本物以下だったらただのイミテーションだといいます。

ではタカショーの人工の竹はどうやって作られているのか?

京都の山奥で見つけた竹がモデルで、
銀閣寺の竹垣をイメージしています。

元型からシリコン製の型を作ります。
型を真空成形機の底に設置し、
上下から約400度で熱すると人工の竹垣ボードができます。

そして仕上げは地元の漆職人さんが手作業で
人工の竹に色や汚しをつけていきます。

こうして本物以上だというタカショーの人工の竹垣が完成。

まさに天然にも負けないこだわりの一品です。

ここにたどり着くまで15年以上
かかっているとのことです。

タカショーは人工の竹でがっちり!

>>タカショー 人工竹垣材料 エバー古竹 さらし竹ボード W900×H1800 EV-191 『エバーバンブーボード ガーデニングDIY部材』 #28276000


>>タカショー JTL−1 竹製目隠しラティス(小) 45X120 【4524522574598:14060】



がっちりマンデー:ハーブ「ボタジェガーデン」の寄せ植えセットの通販・お取り寄せ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ