ハナタカ:おもいのフライパンのお取り寄せ!お肉がおいしく焼ける

鉄鍋、フライパン

2020年11月26日放送の「日本人の3割しか知らないこと
くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

石川鋳造のおもいのフライパンのお取り寄せの紹介!

スポンサードリンク

おもいのフライパンのおとりよせ

愛知県碧南市にある石川鋳造株式会社の
おもいのフライパンは、13年かけて開発されました。

世界で1番お肉が美味しく焼けると社長は言います。

販売から納品まで3年待ちになったことも。

形は普通なのですが、
重量は1.2kgで重さはあります。

この重さがお肉が美味しく
焼ける秘密でもあるといいます。

「鋳物」は熱伝導がよく蓄熱温度が高いため
均一に熱が伝わります。

そのため肉汁が閉じ込められ
よりジューシーなお肉に焼きあがります。

さらにフライパンの厚さ。

この厚さが鋳物の強みを
最大限に引き出しています。

最大の特徴がコーティングしていないこと。

一般的なフライパンはダイヤモンドコーティングや
テフロン加工などがされていますが、
この加工は使っていくと剥がれていきます。

しかし、おもいのフライパンは無塗装なので
使えば使うほど焦げにくいフライパンに。

お手入れ次第で一生使うこともできます。

多くのフライパンは使いやすさを求めますが、
おもいのフライパンは味を求めていると社長は言います。

>>おもいのフライパン 20cm

スポンサードリンク



こちらはふるさと納税になります↓

>>【ふるさと納税】おもいのフライパン 24cm(深型) 世界で一番お肉がおいしく焼けるフライパン H051-009



肉が美味しく焼けるフライパンの選び方

おもいのフライパンを開発した石川鋳造株式会社さんによると
同じ素材の場合、厚さのあるフライパンがおいしく焼けるとのこと。

厚みがある方がお肉を乗せても
熱を下げないまま焼くことができるため。

美味しい肉の焼き方

冷蔵庫から出したお肉を
より美味しく焼くためのひと手間も教えてくれました。

それは常温に戻しておくこと。

常温にしておくことで、
お肉の外側と内側の温度が同じになり
均一に焼けます。

冷たいままだと中と外が均一に焼くことができません。

石川鋳造株式会の石川社長の動画



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ