蒸ししょうが

2021年1月16日放送の「土曜はナニする」の
予約のとれない10分ティーチャー。

女性の敵“体の冷え”を撃退!

この冬 今から間に合う!簡単「温活術」を
医師の石原新菜先生が伝授!

スポンサードリンク

石原新菜先生

医師の石原新菜先生は
漢方医学や食事療法を中心とした
「温活」のプロフェッショナル。

自ら出版した冷え性や温活に関する書籍は、
なんと40冊以上にもなります。

そんな温活のプロ、新菜先生に
今すぐ実践できる簡単温活術を
伝授していただきます。


グリーンスムージーは温活にはNG

グリーンスムージーは
繊維質が多く胃腸に血液が集中し体が冷えてしまいます。

・おすすめはりんごジュース
ジューサーでつくる生のりんごジュースがおすすめ。

りんごジュースはビタミンCやミネラルが豊富で
吸収率も良く全身に栄養が全身を回ることで
代謝がよくなり体もぽかぽかになります。

食べ物には体を温める陽性食品と、
体を冷やす陰性食品があります。

この特性で言うとりんごジュースは陽性食品。

陽性食品

・赤・黒・だいだい色など色が濃い

・水分が少なく固め

・原産地は寒い土地

・冬が旬

・発酵食品

陰性食品

・白・緑など色が薄い

・水分が多く柔らかい

・原産地は暑い土地

・夏が旬


半身浴より効果的!3-3-3入浴法

半身浴より効果的に体を温めることが出来ます。

スポンサードリンク

1.3分間42℃以上のお湯に肩まで浸かる。

2.3分間湯船から出る。
(髪や体を洗う)

3.3回繰り返す。

3分ごとに交互に行うことで
体への負担が少なくすみます。

3-3-3入浴法をすると心拍数は約40回も上がり、
これは10分間のランニングと同じ、
約100キロカロリーも消費するとのことです。

フラミンゴ立ちのやり方

フラミンゴ立ちで体ポカポカ。

1.テーブルや壁などに手をつき、片足立ちを1分間行う。

2.反対の足も1分間片足立ちする。

たったこれだけでウオーキング50分相当の
足への負荷がかかると言われています。

筋肉を鍛えることで体温が上がり体が温まります。

フラミンゴ立ちを
寝る前やお風呂に入る前の習慣にしてみてください。


腸もみマッサージのやり方

腸もみマッサージで体ポカポカ。

1.親指を背中側、残りの4本の指をお腹に当てて優しく揉む。

2.手のひらをお腹に当てて「の」の字を描くようになでる。

レンチンショウガのレシピ

ショウガに含まれている
ジンゲロールとショウガオール。

これらの成分が体をぽかぽかに
温めてくれますが、

レンチンするだけで温めパワーが
さらにアップ。

ショウガオールが1.5倍から
2倍に増えます。

『材料』
ショウガ 1個

水 少量

『作り方』
1.しょうがを皮付きのまますりおろす。

2.すりおろしたしょうがを耐熱容器に入れ、少量の水を加える。

3.ラップをして600Wの電子レンジで1分加熱すればできあがり。

※レンチンショウガは、
炒めものに一緒に入れて
炒めたり、おにぎりにしたり、
飲み物に入れたりと、
まさに万能温活食材。


オーブンスライスショウガのレシピ

時間のある人は、
オーブンを使うことで
ショウガパワーを爆上げ
させることもできます。

『材料』
ショウガ 1個

『作り方』
1.しょうがを薄くスライスする。

2.スライスしたしょうがをオーブンシートに並べ、
80~100℃のオーブンで1時間加熱し、水分を飛ばす。

3.茶色く干からびた状態になったらできあがり。

※ショウガオールはなんと10倍にもアップ!


レンチンショウガを使ったレシピはこちら↓
土曜はナニする:レンチンショウガ入りのミネストローネのレシピ!石原新菜

スポンサードリンク