酢豚

2021年2月8日放送の「ごごナマ」の
スターシェフ・和田利弘(焼き鳥)

超一流スターシェフがぶっつけ本番で生クッキング。

ここではぶりの酢豚風のレシピの紹介!

スポンサードリンク

ぶりの酢豚風のレシピ

『材料』(2人分)
ぶり(切り身)2切れ

しょうが(すりおろし)適量

しょうゆ 小さじ2

しいたけ 1コ

パプリカ(赤)1/3コ

ブロッコリー 2房

たまねぎ 1/2コ

薄力粉 大さじ2

かたくり粉 大さじ1/2

太白ごま油 大さじ2

酒 大さじ1

しょうが(みじん切り)小さじ1

(野菜の下茹で用) 
湯 500ml

粗塩 小さじ1

太白ごま油 小さじ2

ごま油 少々

(合わせ調味料) 
砂 糖大さじ1と1/2

酢 大さじ1と1/2

しょうゆ 大さじ1と1/2

『作り方』
1.ぶりを一口大に切り、しょうがのすりおろし、
しょうゆをなじませて5分間ほど置く。

2.しいたけは石突きを取り厚めにスライス、
パプリカも同じくらいの厚さの棒状、
ブロッコリーは食べやすい大きさに切り、
たまねぎはスライスする。

スポンサードリンク

3.鍋に湯を沸かして塩と太白ごま油を加え、
②のブロッコリーを茹でる。

1分30秒ほど後にたまねぎを入れて、
30秒後にパプリカとしいたけを入れ、
さらに30秒ほど茹でたら全てをザルに上げて湯を切る。

※この下ゆでが中華の「油通し」の代わりとなり、
色よく手早く炒めものが出来る。

肉野菜炒めなどもこの方法でやると手早くできるとのことです。

4.①のぶりの表面のしょうゆをペーパーで軽くふき取り、
薄力粉とかたくり粉を混ぜたものを全体につける。

5.フライパンに太白ごま油を熱し、
④のぶりを加えて焼き色をつけ、
酒としょうがのみじん切りを加える。

6.合わせ調味料の材料を混ぜ合わせて⑤に加え、
③の野菜も全て加えて全体に味を絡める。

仕上げにごま油を回し入れて香り付けしたら器に盛ってできあがり!

※和田利弘シェフは何でも太白ごま油をつかうそうです。

基本的にドレッシングも太白ごま油で。

マヨネーズを作るときも太白ごま油で作ると
まるで、生クリームが入ったみたいな感じの
マヨネーズになるとのことです。


ごごナマ:和田利弘のシェフの手羽先のニンニク煮込みのレシピ!スターシェフ