視力回復

2021年2月25日放送の「ZIP!」の特集の
目に良いこと悪いこと。

目に良い生活習慣や、
視力低下の抑制が期待できる次世代メガネ
AIメガネのお取り寄せなどの紹介!

スポンサードリンク

目に優しい最新グッズ


目に良い生活習慣

視力の低下に悩む人が多い今、
目に良いこと・悪いことを調査。

都内の「CS眼科クリニック」へ。

自粛期間、子どもたちは室内で遊ぶ時間が増え、
大人もテレワークなどが原因で目の疲れや
視力低下を訴える人が増えているとのこと。

宇井先生によると、スマホなどは最低でも30cm以上離すこと。

また、大きい画面は適度な距離が保てるので
テレビなどのモニターで見ることがオススメ。

長時間パソコン作業をする場合は
アメリカ検眼協会が推奨している方法
「The20-20-20rule」がおすすめ。

・20分おきに20フィート(約6m)を20秒間見る

これを行うことで視力低下の抑制や
眼精疲労軽減に効果があるとのことです。


AIメガネとは?

AIメガネという次世代メガネもあるとのこと。

携帯アプリと連動し、姿勢が悪かったり、
目と端末との距離が近いセンサーが感知して
振動して知らせるメガネ。

変な重みもなく使い心地もいいそうです。

>>Ai Glasses 大人 姿勢が悪くなるとアラームで注意 ブルーライトカット メガネ HoldOn エーアイグラス ブルーライトカットメガネ めがね 眼鏡 大人 男性 女性 ブルーライトカットメガネ PCメガネ AIグラス クリア電子 ホールドオン


オルソケラトロジーレンズ

ほかにも視力の低下を抑制すると注目されている治療法があるとのこと。

それが「オルソケラトロジーレンズ」。

このレンズを就寝中に装着し、角膜の形を平坦化します。

するると翌朝外した時に目から入る光に屈折率が変わり、
一定の時間、裸眼でもピンとが合うように矯正してくれるとのことです。

スポンサードリンク