かつお節、カツオ

2021年3月16日放送の「プロフェッショナル」
「一節入魂、己を込める〜鰹(かつお)節職人・瀬﨑祐介〜」

かつお節の作り手瀬﨑祐介さんの
クラシック節(かつお節)のお取り寄せの紹介!

スポンサードリンク

かつお節の作り手 瀬﨑祐介さん

キロ3万3千円、史上最高額の値が付いた
かつお節の作り手が鹿児島県枕崎にいます。

それは瀬﨑祐介さん(40)

瀬﨑祐介さん手がけるのは日本古来の本枯節。

半年近い時間をかけうまみを凝縮したその節には
宝石のような光沢が宿り、
だしをひけば食材の魅力を何倍にも引き立てます。

その味は国内はだけでなく
世界の名だたる三つ星シェフをも魅了しています。

かつお節(クラシック節)のお取り寄せ

お取り寄せはこちらからどうぞ↓
金七商店


こちらはふるさと納税のクラシック節生ふりかけのお取り寄せです↓

♪————————-♪
お店:金七商店
住所:鹿児島県枕崎市桜木町382
♪————————-♪


かつお節を作る様子

日本一の生産量を誇る鰹節の町。

市内には 48軒の鰹節工場が並びます。

瀬崎さんの一日は 鰹節の発酵具合を
確認することから始まります。

そして聞こえてくるのはモーツァルトのピアノソナタ。

鰹節にいいと聞けば
どんなことでも試さずにはいられないのだそうです。

瀬崎さんの工場は 父と従業員4人の
枕崎では小規模な家族経営の町工場。

年間70トン 数にして
およそ5万6, 000本のかつお節を作ります。

瀬崎さんが手がけるのは 鰹節の中でも
長期間 発酵を繰り返した
本枯節と言われる最高級のものです。

スポンサードリンク