行列のラーメン

2021年3月30日放送の「セブンルール」
京都祇園で女性を虜にする鶏白湯ラーメン!

店主・連恭子さんのラーメン店「祇園麺処むらじ」の場所、
鶏白湯ラーメンのお取り寄せ、
セブンルールの紹介!

隠れ家的ラーメン店祇園麺処むらじ

京町家の2階にある隠れ家的ラーメン店。

京都・祇園で女性を虜にする鶏白湯ラーメン!
元専業主婦の連恭子さんが47歳で店主に。

恭子さんは鶏を丸ごと使うことで濃厚ながら重たくない
ラーメンを生み出しました。

スープは鶏ガラとモミジを6時間 煮込み
一晩寝かせて 鶏が溶けたらうまみを抽出。

コラーゲンたっぷりの濃厚鶏パイタンに。

さらにトッピングには豚ではなく鶏チャーシュー。

こうして鶏の部位ごとのうまみが凝縮された究極の一杯が完成!

【番組で紹介されていたメニュー】
・鶏白ラーメン 
・香ばしお揚げと酒粕ラーメン 
・檸檬ラーメン 
・目の前で混ぜる鉄板チャーハン 

♪————————-♪
お店:祇園麺処むらじ
住所:京都府 京都市東山区清本町 373-3
♪————————-♪

麺処むらじの鶏白湯ラーメンのお取り寄せ

お取り寄せもできます。

>>【全額返金保証】選べる 2種 鶏白湯ラーメン 6食 塩 醤油 鶏白ラーメン 鶏黒ラーメン 鶏白湯 スープ お中元 ギフト お取り寄せ お取り寄せグルメ 具材付き チャーシュー メンマ 麺処むらじ 送料無料


祇園麺処むらじ

連恭子さんはすし屋を営む両親の元京都で生まれました。

22歳で結婚し、2児の母として専業主婦に。

子育てが落ち着いた31歳の時ママ友に誘われて飲食業界へ。

カフェの立ち上げなどに携わったのちラーメン店をオープン。

47歳のときでした

現在、3店舗の店主である彼女は毎日、どこかの店に立ち
コロナで客足が鈍っても笑顔で店を もり立てます。

仕事が終わると滋賀県にある自宅へ。

彼女はここで夫と娘義理の両親と暮らしています。

彼女のルールが家事は一切やらず全て義理の両親に任せる。

彼女が仕事に専念できるのは2人の存在があるからなのでした。

麺処むらじの店主 連恭子さんのセブンルール

【麺処むらじの店主 連恭子さんのセブンルール】

1.ラーメンは鶏を丸ごと使う
2.花をイメージして盛り付ける
3.家事は義理の両親に任せる
4.店員の茶髪・ピアス・ネイルはすべてОK
5.お客さんの回転率は気にしない
6.新作は家族に試食してもらう
7.ピンチのときは守るより攻める

スポンサードリンク