らっきょう

2021年6月7日放送の「あさイチ」のおでかけライブ

「出荷ピーク!砂丘育ちの絶品らっきょう~鳥取県鳥取市~」

ここでは砂丘らっきょうのお取り寄せの紹介!

スポンサードリンク

砂丘らっきょうのお取り寄せ

らっきょうの生産量トップクラスの鳥取県。
鳥取市福部町では62人の農家が120ヘクタール
広島のマツダスタジアムでいうと23個分の敷地で1700トンのらっきょうを収穫しています。

ここでらっきょう栽培が始まったのは大正時代、およそ100年前からと言われています。

この福部のらっきょうは透き通るような白さとシャキシャキとした食感が特徴になります。
白い宝石ともいわれています。

その特徴を生み出しているのが砂です。
鳥取砂丘と同じ砂です。

砂地というと植物や農業をするには不向きというイメージがありますが
らっきょうにとってはメリットが多いとのこと。

砂地は空気を多く含んでいます。
空気を多く含んでいることでらっきょうは色が変わらずに変色することなく
きれいな真っ白ならっきょうができます。

また水はきのよさがらっきょうが余分な水分を吸いすぎず、
一層一層が均等に育つためあの独特のシャキっとした食感を生み出します。

>>洗いらっきょう 鳥取 JAいなば 福部産 ”砂丘らっきょう” M/Lサイズ 約10kg【予約 6月中旬以降】 送料無料

砂丘らっきょうの食べ方

番組ではらっきょう農家さんがおいしいらっきょうの食べ方を紹介していました。

生のらっきょうを千切りして、かつお節としょうゆをかけたものは
とても簡単に作れて程よい苦みもあるとのこと。

らっきょうの煮物はしょうゆとみりんと砂糖で甘辛く煮ています。

また、らっきょうといえばカレーですが、
カレーにらっきょうと甘酢まで入れるのがらっきょう農家ならではの食べ方とのこと。

らっきょうを食べたいからカレーを作るのだそうです。。

スポンサードリンク