野菜、カボチャ、人参、トマト

2021年6月12日放送の「人生の楽園」
縁つなぐゆっくり農園〜東京・あきる野市

東京 あきる野市のゆっくり農園(農縁)や笑がおイタリアンの紹介!

ゆっくり農園(農縁)

早期退職した石川敏之さん(64歳)。1農薬や肥料を与えずに

敏之さんはおよそ400坪の畑に年間100品目もの野菜を育てています。

でもよく見ると雑草だらけ。
農薬は使わず 肥料も与えず土の力だけで土の力で自然栽培しています。

敏之さんは 「ゆっくり農縁」と名付けました。
畑を通じて人とつながっていきたい。
そんな思いを込めて農園の「えん」は縁結びの「縁」にしました。

秋川を見下ろす一軒家で独り暮らす、敏之さんのキーワードは“ゆっくり”。

コーヒー豆をひいて朝食を取り、せっけんも手作りするなど、時間に追われない暮らしを楽しんでいます。

敏之さんは大学卒業後に食料販売の仕事につきました。
27歳で結婚し3人の子どもにめぐまれたのですがその後離婚。
養育費を捻出するためにがむしゃらに働いたとのこと。

転機が訪れたのは 50代の頃。
ブータンの旅で自然と共に生きる人たちと出会ったのです。

今まで速さとか便利さばかり追求してきてこれからの人生の生き方を考えるようになりました。

こうして4年前にあきる野市に畑を借り自然栽培で野菜づくりを始めたのです。

でも畑だけが全てではありません。
目標とする生き方は半農半X!

野菜を自給する暮らしが半分。
自分の個性を生かした仕事にチャレンジするのが半X。

今は このXをゆっくり増やしている最中です。

弁当店の配達や、養蜂家の手伝い、
映画の自主上映会で知り合った仲間たちと様々な活動をしています。

「ゆっくり農縁」で栽培された野菜はレストランなどに食材として使われています。

ネットなどの通販はないようです。

スポンサードリンク

笑がおItalian

「ゆっくり農縁」で栽培された野菜を使っているお店の1つが「笑がおItalian」




お店 笑がおイタリアン
住所 東京都墨田区本所1丁目30−7 中島ビル 1階

スポンサードリンク