2021年7月11日放送の「がっちりマンデー!!」
僕たち上場しました!2021

ファストフィットネスジャパンのスポーツジム、エニタイムフィットネスの紹介!

スポンサードリンク

ファストフィットネスジャパンのエニタイムフィットネス/h2>

株式会社Fast Fitness Japan

東京都新宿区にある株式会社Fast Fitness Japan(ファストフィットネスジャパン)。

2020年12月に東証マザーズに念願の上場。

ファストフィットネスジャパンは
いつの間にかあちこちで見かけるようになったスポーツジム、エニタイムフィットネスを運営する会社。

もともとこのジム、アメリカ生まれのスポーツジムチェーンで日本には2010年に上陸。

現在は国内だけで907店舗を展開する一大フィットネスジム。

その売上げは111億円の売上げ。

エニタイムフィットネスはどんなジムなのでしょうか?
エニタイムフィットネスの赤坂店へ。

ジムを見渡してみるとダンスなどをするスタジオはなく基本、筋トレ用のマシンだけ。

エニタイムフィットネスはマシン特化型のジムなのでマシンのみとなっているとのこと。

そんなエニタイムの一番の特徴が、その名の通りいつでも24時間開いている点。

入る時はセキュリティーをかざしていただけるとドアが開いて入れる仕組みになっています。

さらに月々の会費は平均7500円の定額制だからどんどん通いたくなってしまいます。
※金額は店舗によって変わります。

しかし、エニタイムフィットネスがここまでの急成長を遂げることができたのはなぜなのか?

社長曰く、実はある特定の人達をお客様のターゲットにすることでここまでグイグイ伸びていったという。

その特定の人達とは「男性客」
エニタイムフィットネスのターゲットは若い男性!

現在およそ56万人いる会員の8割が男性。
さらにほとんどが20代から40代。

ジムというと若い男性向けというイメージもしますが、
社長曰くここ最近は違うのだそうです。

スポンサードリンク

2010年に1号店がオープンしたのですが
当時のフィットネス業界の状況は、
女性専用のサーキットトレーニングのジムがあり、比較的年齢層が高い。
若い女性向きの人たちはホットヨガなどが受け皿。
そして総合スポーツクラブで若い男性の受け皿のようなものが結果的になかった。

確かにカーブスがあえてターゲットをシニアの女性に絞って大成功。

そこでエニタイムフィットネスは実は空いていたその反対のゾーン、若い男性を狙ったのだそうです。

ジムの中は筋トレ用のマシーンががっちり置いてあったり、
体を追い込むウェイトトレーニングエリアも充実していたりとかなり若い男向け。

立地もカーブスなどがわりと郊外の住宅地でマダムを狙ったのとは対象的に
ビジネス街の駅前でサラリーマンのお昼休みや仕事帰りなどを狙っているお店が多いのがエニタイム。

まさに若い男性にハマることで都会の街中でグイグイ伸びてきたエニタイムフィットネスなのです。

エニタイムフィットネスの店舗を増やす秘訣

社長によると地方ではまた別の作戦でどんどんお店を増やしてきたのだそうです。

まずは直営店を出して実績を作ってフランチャイズの募集を始めます。

まだエニタイムフィットネスがない地方都市で店舗を増やしたい。
ただ、どんなジムなのかも分からないからフランチャイズのオーナーになりたい人も手が出せない。

そこでエニタイムフィットネスが取った作戦はまずはその街の真ん中あたりで直営店を出すというやり方。

例えば福岡県福岡市、ここに1軒エニタイムフィットネスの直営店を出店。
するとこれが結構繁盛。

すると周りから次々と「僕もエニタイムフィットネスのオーナーになりたい」との声が。

結果、わずか2年後に福岡市だけで6店舗が並んだ!なんてことも。

その結果が実を結んだ2015年以降、店舗は一気に急増!

今後は3000店舗の出店を目指すとのことです。

詳細はエニタイムフィットネスのHPをどうぞ↓

まとめ

「がっちりマンデー!!」の僕たち上場しました2021ということで
ファストフィットネスジャパンのスポーツジム、エニタイムフィットネスを紹介しました。

今後も店舗は増えていきそうですね。

ぜひ参考にしてみてください。