らっきょう

2021年6月24日放送の「ヒルナンデス」の腸活で注目を浴びている酵素を大調査。

発酵マニア小倉ヒラクさんが教えるおすすめ発酵食品ベスト3の紹介!

スポンサードリンク

3位:緑屋本店のいつきみそ・麦味噌「繊月(せんげつ)」

芳醇な麦の香りがたまらない田舎みそ。

第3位は緑屋本店のいつきみそ・麦味噌「繊月(せんげつ)」です。

熊本県人吉市にある明治35年創業の老舗 緑屋本店さんが作っている麦味噌。

種麹と言われる麹菌を蒸した大麦にまぶして3日間かけて麦麹を作ります。

そして、塩、水などを加えおよそ2カ月間発酵。

お米の味噌と比べ、さっぱりとしたうま味が強く飲みやすいお味噌汁を作ることができます。

普段お味噌汁のしょっぱさがちょっと苦手という人にも「これなら飲める」と好評とのことです。

>>緑屋本店 一騎印 繊月味噌 麦粒 1Kg

2位:ゆきんこの雪割納豆

第2位は雪割納豆。

山形県米沢市のメーカー株式会社ゆきんこが作る味付け納豆。
なんと納豆を米麹でさらに発酵させています。

麹と納豆とどちらも注目されていますが、それを混ぜた面白い発酵商品。

米麹がもつ甘味と納豆のコクがいっそう際立ち濃厚な味わいが楽しめます。

お取り寄せはこちらからどうぞ↓
雪割納豆

1位:上澤梅太郎商店のらっきょうのたまり漬け

こちらは上澤梅太郎商店のらっきょうのたまり漬けセットです↓

第1位はらっきょうのたまり漬け。

商品化したのは栃木県日光市今市 上澤梅太郎商店。

たまりと呼ばれる味噌を作るときに出る表面の液体にらっきょうを何度も繰り返しつけ、数ヶ月発酵させたものです。

たまりの深い味わいが染み込んだ濃厚ならっきょうに。

口コミで話題となっていて、奥深い味わいになっています。

>>【2021お中元】33-07 上澤梅太郎商店 日光みそのたまり漬詰め合わせー杉並木ー F570

発酵デパートメントのインスタ