らっきょう

2021年7月10日放送の「満天☆青空レストラン」
福井・花ラッキョウで夏バテ予防

福井 三年子花らっきょうのお取り寄せの紹介!

スポンサードリンク

三年子花らっきょう

福井県三里浜のらっきょうは、明治初期に自家用として栽培されたのが始まりです。

三里浜砂丘地の砂が比較的細かく粘土も多い事から、らっきょう栽培に適した環境。

らっきょうは中国原産の野菜で、夏に球根を植えると秋には花が咲きます。

「三年子花らっきょう」は、植付から収穫まで3年かけて栽培したらっきょうのことです。

通常のらっきょうは、植え付けから約1年で収穫され、種球1粒は6~9粒に増えます。

しかし、三年子花らっきょうはさらにもう1年土の中で過ごして花を付け、
2回目の春にさらに分球するため1株で40~60粒になります。

粒が小さくなったことで繊維の厚みが薄くなり、中が詰まることでシャキシャキの歯ごたえが楽しめます。

>>福井県三里浜「三年子花らっきょう」15袋入り箱送料無料

お取り寄せはこちらからもできます↓
福井県 三年子花らっきょ番組スペシャルセット

まとめ

三年子花らっきょうを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク