タマネギ、玉ねぎ

2021年9月4日放送の「世界一受けたい授業」の夜仕込んで朝食べられる DIY発酵食品ベスト5。

今、注目が集まっている発酵食品。
中でも人気を集めているのは、手軽に自作できるDIY発酵食品。

東京農業大学・前橋健二先生がおすすめの今すぐ作れる発酵食品を教えてくれました。
こちらでは発酵玉ねぎのレシピの紹介です!

スポンサードリンク

発酵玉ねぎのレシピ

材料

玉ねぎ 400g
水 100ml
塩 12g
ジッパーバッグ

作り方

1.玉ねぎをしっかり洗ってみじん切りにする。

2.ジッパーバッグに玉ねぎと塩を入れて袋の外から塩が全体になじむように揉む。

3.②に水を入れて空気を抜き、しっかり口を閉じる。

4.直射日光が当たらない常温の場所に置き、夏は1日、冬は6日ほど発酵させる。

5.汁が白くなって、辛味が抜けて酸味が出ていたらできあがりです。

ポイント

玉ねぎにはアリシンという血液をサラサラにする成分がありますが、
発酵することでアミノ酸や乳酸菌、ビタミンB12なども増えます。

色々な料理の薬味として役立ちます。
前橋先生おすすめの食べ方は納豆と混ぜ合わせた「発酵玉ねぎ納豆」。

DIY発酵食品

【世界一受けたい授業】発酵あんこのレシピ!DIY発酵食品
【世界一受けたい授業】水キムチのレシピ!DIY発酵食品
【世界一受けたい授業】発酵玉ねぎのレシピ!DIY発酵食品
【世界一受けたい授業】ピスタチオ味噌のレシピ!DIY発酵食品

まとめ

日本テレビ世界一受けたい授業の放送より

東京農業大学・前橋健二先生が教えてくれた発酵玉ねぎのレシピを紹介しました。
発酵玉ねぎは何にでも合う万能調味料になりますね。
よろしければ参考にしてみてください。

スポンサードリンク