SNS,ツイッター、スマホ

2021年9月5日に放送された「がっちりマンデー!!」は儲かる!リサイクルウォーズ2021

飲食店で売れ残った商品を格安で販売!
店舗もお客さんも嬉しいシステム。

こちらではコークッキングのアプリ「TABETTE」の紹介です。

スポンサードリンク

株式会社コークッキングのアプリ「TABETTE」

東京都港区にオフィスを構えるコークッキングという会社。
川越社長に何のビジネスをやっているか聞くと「アプリTABETTE」を作っているといいます。

コークッキングが2018年に開始した食事の再利用サービス、その名も「TABETE」。

売れ残ってしまったり余ってしまったり、
そういう情報をアップして一般ユーザーがお店に取りに行ってもらう。

余ってしまった食事とユーザーをマッチング。
開始からわずか3年で1600店舗以上のお店が登録しているとのこと。

アプリの画面にはショッピングサイトのように様々なジャンルの飲食店が並んでいて、
お店をクリックするとどんなメニューが何個余っているかが表示されます。

ADさんが焼き鳥店でランチタイムに余ってしまった焼き鳥丼を注文したところ、
通常は780円のものが500円で購入できました。

アプリ上で引取予定時間を入力し、クレジットカードで支払いをして
レジでスマホの購入画面を見せれば商品を受取ることができます。

しかし、わざわざTABETEみたいなアプリを使わなくても
スーパーのお惣菜コーナーのように遅い時間になったらお店で安売りってすれば同じような気もします。

けれども、店頭で値引きをして販売してしまうと「あそこは何時になったら安くなる」
というお客様が増えてしまってお店のブランド自体を損なってしまう可能性があるとのこと。

飲食店の中には売れ残るのは困るけど値段を下げるというのはちょっと…というところが結構多い。

そんなお店側にとってもうれしいサービスがこのTABETE。

例えばTABETEに出品すれば安売りに気づくのはアプリの利用者さんだけ!
店頭には割引商品を並べず、レジでそのまま受け取るってシステムなので安売りのイメージがつくこともありません。

また、秋葉原でラムしゃぶを販売している「めり乃秋葉原本店」では
余ってしまったラム肉を玉ねぎと炒めて特製のラム丼として販売。

めり乃の料理長、伊藤圭一さんによると
ラム丼をきっかけにめり乃を知ってもらい来店につながっているケースもあるとのこと。

実はTABETEがきっかけで初めての飲食店を利用したお客さんのおよそ35%が
そのお店のリピーターになっているのだそうです。

お客さんは商品を安く買えて、飲食店は売上げアップ、
さらにコークッキングも手数料でがっちりと、まさにウィンウィンウィンのビジネスになっています。

「アプリTABETTE」のダウンロード

TABETE

TABETE
開発元:CoCooking Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

まとめ

TBSテレビがっちりマンデー!!の放送より

は儲かる!リサイクルウォーズ2021ということでコークッキングのアプリ「TABETTE」を紹介しました。
よろしければ参考にしてみてください

スポンサードリンク